ここから本文です

ヒトラーと戦った22日間 (2018)

SOBIBOR

監督
コンスタンチン・ハベンスキー
  • みたいムービー 82
  • みたログ 132

3.63 / 評価:106件

戦争は悲しみだけ…

  • go0***** さん
  • 2019年3月10日 0時13分
  • 閲覧数 373
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品はやはりヒトラーとユダヤ人です。舞台はアウシュビッツではなく違う場所です。列車が到着するとまず女性達がガス室送りにされます。男性達は技術を持っている者は働かせられます。ドイツの兵士達はユダヤ人を並ばせて10人に1人をピストルで殺していきます。まるで遊んでいるかのようにです。男性達は脱走を考えます。そして兵士達を殺していきます。そこに少年達も加わります。1人の少年は兵士を誘き出す役目です。そしてもう1人の少年は兵士を殺す役目を果たします。そして400人のユダヤ人が脱走をしますが、途中で連れ戻されてしまうユダヤ人が100人ほどいたそうです。この作品はとてもよく作られていると思いました。もちろん実話です。ヒトラーはどれだけのユダヤ人を殺したのか!本当に悲しかったです。でも、まだ見ていない人達に見てもらいたいです。戦争映画は見るほうですが、何のために犠牲になっている人達がいたのか…悔しいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ