ここから本文です

愛唄 -約束のナクヒト- (2018)

監督
川村泰祐
  • みたいムービー 357
  • みたログ 612

3.61 / 評価:515件

またもや邦画お得意の難病モノ

  • fg9***** さん
  • 2021年1月22日 14時51分
  • 閲覧数 175
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『誰かを好きになることもなく、毎日をやり過ごしてきたトオル(横浜流星)はある日、余命宣告を受ける。
 失意の中で、旧友の元バンドマン・龍也(飯島寛騎)との再会と一編の詩によって、トオルは人生を全うし、恋をしようと決意する。
 自分を変えてくれた詩の作者を探す彼は、凪(清原果耶)という少女と出会うが、彼女はある秘密を抱えていた。』
 なんら予備知識もなく観始めたら、またもや邦画お得意の難病モノだったので意気消沈するも、贔屓の成海璃子が出始めたので観続けたが、序盤の結構長い出番の割には、ある詩集を紹介するだけの役割でフェードアウトしてしまったので、意味のない配役で残念だった。
 で、その詩集の作者が凪という少女で、彼女も難病を患っていたこともあり、病院内で龍也と知り合い、以降は、星の数ほどもある難病お涙頂戴物語の詰め合わせだ。
 2人とも余命幾ばくもないというのに、龍也は凪を病院から連れ出して、海辺の朝日を見に行くという暴挙に出たりするのだった。
 龍也が凪のお母さんからビンタを喰らうのも当然だった。
 以上の他に書く要素は見当たらないが、ラストの展開は若干哀れさを誘い、清原果耶の清純可憐さは見飽きなかったので、観て損まではしない程度の2.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3906件、2021年度12作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ