ここから本文です

シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| (2020)

監督
庵野秀明
鶴巻和哉
中山勝一
前田真宏
  • みたいムービー 1,679
  • みたログ 7,911

4.19 / 評価:6563件

見る人間に愛、教養、経験が必要な作品

  • tmt******** さん
  • 2021年8月31日 10時25分
  • 閲覧数 840
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、この映画を見る上で、愛、教養、経験の3つが必要で、この3つの1つでも欠けると面白く無いと感じる映画でしょう。
まず、エヴァという作品および登場するキャラクター、そして自分自身(視聴者)の家族に対する愛情や愛着が、この映画への深い感動に関係している。
次に、教養である。この映画はありとあらゆるオマージュが含まれている。過去の様々な映画、アニメ、そして旧劇場版のオマージュが含まれているため、それを認識できる教養・知識がないと何とこっちゃとなる。
加えて、様々なメタファーが含まれているので、突如として現れる謎の場面や設定が何を暗喩しているのかを理解する教養が必要となる。
エヴァの謎解きという意味では、説明不足は否めないが一応、重要なところは回収していると思う。回収していないと騒ぐ方は、自分の知識と知能を疑いましょう。
そして、25年という月日の中で自分がどういう人生を歩み、経験して来たかということも重要だ。シンジの成長、庵野秀明の成長と共に、自分の成長を感じることができた人間だけが、この作品から深い感動を得ることができる。
つまり、シンジが達した境地と同じように、今の目の前にある現実を直視して、日々、一生懸命に生きている人間にしか、この映画は理解できない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ