ここから本文です

ポリス・ストーリー/REBORN (2017)

机器之血/機器之血/BLEEDING STEEL

監督
レオ・チャン
  • みたいムービー 86
  • みたログ 614

2.96 / 評価:500件

ポリスストーリーなのにSF設定なのが驚き

  • bat***** さん
  • 2018年12月7日 22時35分
  • 閲覧数 827
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

色んな雑さがちょっとキュートに見えてくるので嫌いじゃない。
ただ、ジャッキーの衰えを感じざるを得ない描写の数々は残念だった。

正当な「ポリスストーリー」シリーズとは関係ない物語かと思いきや、ラストでは主題歌が流れたので混乱する(笑)

いきなりなんの前触れもなくジャッキーの娘が危篤の描写から始まり、あれよあれよと色んな既視感バリバリのSFガジェットが出てきて、針なし「ヘルレイザー」みたいな奴との銃撃戦が始まって、まだどんな奴かも名前も知らないキャラがバンバン死んで、何故か悲壮な音楽が流れて話が13年後へ。

いきなり過ぎてついていけない(笑)
頭クラクラしてくる。
悪いタイプのジェットコースタームービー。

中盤あたりから、ジャッキーがあまり登場しなくなるくだりがあるんだけど、そこがだいぶ苦痛だった。

ジャッキーの娘役の子は可愛いくて良いんだけど、その子に言いよる若い男役の俳優がいかにも微妙。

おそらく後進を育てる目的で、昔ジャッキーがやってたようなコメディアクション演技をさせてるんだけども、本家には遠く及ばない。

10分くらいずっと上滑りしてた(笑)

ジャッキーが話に戻って来てからは持ち直して、お約束の危険スタントも出てきて楽しくなってくるんだけど、いまいち盛り上がりにかける。

悲しいかな、時代の波には逆らえず、ジャッキー映画なのにやたらCGが出てくる。

ダメな日本映画とかによくあるあからさまに伏線を回想で、振り返るダサい演出も平気でやる。

ただ、終盤で再生能力でジャッキーの腕がにょきにょき生えてくるくだりは、あまりのことに爆笑してしまい最高だった。シリアスな笑いってやつかな。

一番残念だったのはお約束のエンドロールのNGシーンが、本当にただ単にミスったり馴れ合いでつまらないアドリブなんかをかましてるだけの寒いものになってたこと。

ジャッキー映画のガチンコアクションゆえの危険なNGが出てきて、観客がヒヤヒヤするみたいなあの感じはもう見れないのか。

あと、ジャッキー映画の舞台裏でグリーンバックを使ってる様子は見せないで欲しかった。

とはいえ未だにアクションに挑戦するジャッキーには頭が下がります。もっと渋い役でハードなのが観たいな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ