ここから本文です

ファースト・マン (2018)

FIRST MAN

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 619
  • みたログ 4,286

3.81 / 評価:3,846件

外宇宙と内なる心像

  • abu***** さん
  • 2019年9月1日 21時18分
  • 閲覧数 384
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

非常に抑えた演出で、ライアン・ゴズリングも内に秘めた表情をずっとしてて、夫婦もまた淡白で、一つ一つのエピソードもわざとかと思うくらいさっぱりさせてる。
だから一歩間違うと退屈な映画になりかねないと思うけど、
おそらくニール・アームストロングさんの人となりを
リアルに描く意図としてこうなってるのかなと。
彼は自分を英雄視せず、常に周りの人のおかげで偉業がなされたと言っていた
そうだから、そんな性格をシナリオに落とし込んでるのかもしれません。
本作で特筆すべきはやはりリアリズムで、宇宙へ飛び立つ船内での音、
飛び交う光からの漆黒、まさにVR的な共体験が味わえました。
特に、宇宙船が途方もない勢いで回転を始め、気を失いそうになるシーンは、
見てるこっちも死を覚悟する感覚を味わいました。
そして月面着陸のシーン。まだ誰も足を踏み入れたことのない地に
最初の一歩を記す、その足跡の意味合いを強く感じました。
子供をなくす辛い経験から始まって、
未踏の地で存在意義を見出すという感じですかね。
宇宙ものは、SFロマンな描写になりがちですが、本作はそういう訳でもなく、
外宇宙へ向かっていきながら家族とかパーソナルな、内なる心象へと
オーバーラップしていて、それによって宇宙開発の意義がより際立っているように感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ