ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ファースト・マン (2018)

FIRST MAN

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 603
  • みたログ 4,607

3.79 / 評価:4,088件

抑揚のない物語。

  • 晴雨堂ミカエル さん
  • 2019年11月23日 2時43分
  • 閲覧数 772
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

子供の頃、もしアポロ計画を映画にするならば最初に映画化されるのは最も劇的な生還劇であるアポロ13の物語で、人類初の月面到着のアポロ11はその後の二番手に回り、アポロ計画云々の物語よりバズ・オルドリン氏の個人に焦点をあてた物語になるだろうと予想していた。
 予想は概ね当たった。やはりアポロ13が先で、NASAだけでなく世界を震撼させた爆発事故、懸命に宇宙船復旧に取り組む宇宙飛行士たちとNASAの職員たちは素材だけでも劇的である。

 予想が外れたのはアポロ11の物語である本作、主人公はオルドリンだと思っていたのにアームストロングだった。あくまで個人的印象なのだが、アームストロングは生真面目で面白みのないキャラのように見え、オルドリンの方が華があると思えた。また人類初めて月面に降り立った人間を主人公とするのは当たり前すぎて、補佐に回るオルドリンが主役の方が相応しいと思った。

 本作を観て私の見立てはあながち的外れではないと感じた。やはりアームストロングはヒーロー向きではない。物語全体はロシア映画「ガガーリン」を彷彿させる暗さであり、映画的には抑揚は乏しく、主役であるアームストロングは基本的に感情の起伏が無く話し方も寡黙で平板、日本人が連想するアメリカ人というよりは日本人的だった。

 さてロシア映画「ガガーリン」をレビューした時、宇宙開発競争黎明期というつながりで「ライトスタッフ」と比較してロシアは暗いとかアメリカは明るいといった話をしたのだが、作品内容やテーマを考えると「ガガーリン」と「ファースト・マン」の対比の方が適切かもしれない。
 文字通り「ガガーリン」はユーリー・ガガーリン個人に焦点を当てた伝記映画であり、「ファースト・マン」はニール・アームストロング個人に焦点を当てた伝記である。ポスターの写真は両作とも宇宙服を着た主人公の横顔、ガガーリンは右からのアングル、アームストロングは左からのアングルの違いはあるが、構図は非常に似ているので同じように見えてしまう。

 ただ、この「ファースト・マン」を観たおかげで、「ガガーリン」が比較の問題で明るく見えてしまう。映画のガガーリンは、ニュース映像と同じく笑顔の多い若者なのだが、本作のアームストロングは生真面目で表情もあまり起伏が無い。いつも淡々としている。
 アームストロングを演じるのは、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング氏、ちょうどアームストロングが月面に降り立った時の年齢とほぼ同じだが顔が似ていない。「ガガーリン」ではよく似た俳優を起用していたのだが、本作はまるで違う雰囲気の俳優をあてている。
 が、不思議なもので鑑賞していると次第に違和感が無くなりゴズリング氏がアームストロングに見えてくる。(余談1)

 アームストロングは寡黙で理知的、オルドリンみたいに大仰に自己アピールはしない。しかし表情に起伏が無いが、彼の体験自体は波乱万丈で過酷だ。物語の最初で幼い愛娘を病で失う。テスト飛行や宇宙飛行のミッションで何度も死にかける。
 そんな過酷な体験を何度も体験し乗り越える苦労人なのに、実際のアームストロングはインテリの書生顔、ゴズリング氏もそんな彼を演じる。大変な経験をしているのに、それが顔に出ない。(余談2)

 月面に降り立ったアームストロングのヘルメットは偏光バイザーのため黄金色に光って顔が見えず、いつものアームストロングにしか見えない。(余談3)ところが、クレーターの淵に立って娘の形見を月面に落とす時はバイザーから偏光シールドをあげて素顔を見せていた。泣き顔だった。

(余談1)テストパイロット時代の場面でチャック・イェーガーがアームストロングの上司として登場する。
 本作でイェーガーを演じたマシュー・グレイヴ氏の方が実際のイェーガーに容姿が近いのだが、「ライトスタッフ」のイケメン俳優にして劇作家のサム・シェパード氏の渋くてカッコいいイメージが強いのでグレイヴ氏には悪いがこれは逆に違和感。

(余談2)私も表情の起伏の無い人間である。そこそこ人並みの人生経験もしてきたし、平均的な世間様が体験しない事もやってきた。ところがどうもそれが顔に出ないようだ。経験則から助言しても「本で読んだ知識」と誤解されてしまう。
 物語の佳境で、私も同じように夫婦喧嘩をした事がある。喧嘩といっても、連れ合いから一方的に罵られるだけ。もちろんアームストロングのような大袈裟な冒険はしないが、仕事や生活設計を巡って連れ合いから批難され、「なんか言うたらどうやねん。その冷静な顔がイラつく」と怒鳴られ、それを幼い息子が間に入って仲裁するといった感じだ。

(余談3)「アポロ13」は無音の宇宙空間なのに効果音だらけだが、本作にはそれが無い。着陸船のハッチを開けると空気が抜ける音が一瞬して静寂になるリアルな描写は怖い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ