ここから本文です

ファースト・マン (2018)

FIRST MAN

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 614
  • みたログ 4,377

3.81 / 評価:3,912件

解説

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描く。ジェイムズ・R・ハンセンの著書を『スポットライト 世紀のスクープ』などのジョシュ・シンガーが脚色した。共演は『蜘蛛の巣を払う女』などのクレア・フォイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラークとカイル・チャンドラーら。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

幼い娘を亡くした空軍のテストパイロット、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)は、NASAの宇宙飛行士に応募し、選抜される。彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を受ける。指揮官のディーク・スレイトン(カイル・チャンドラー)は、当時の宇宙計画において圧倒的優位にあったソ連も成し得ていない月への着陸を目指すと宣言する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

「ファースト・マン」月面踏査の偉業と共に迫る、宇宙飛行士のリリシズム

 1969年、アポロ11号で人類初の月面踏査をなしたアストロノーツのひとり、ニール・アームストロングの偉業に迫る伝記ドラマ。NASAの有人宇宙飛行計画を描いた古典「ライトスタッフ」(83)ように群像劇として歴史的プロジェクトを俯瞰するものではなく、宇宙飛行士個人の自己体験とリリシズム(叙情)にカメラを寄せ、それを観客に共有させる没入型の作品になっているのが最大の特徴だ。

 ソ連との宇宙競争に勝利すべく、高度なプログラムへのチャレンジを要求されていくアームストロング。映画はあたかも観客が X-15航空機やジェミニ8号、そしてアポロに搭乗するようなシミュレーション感覚に満ちており、それがもたらす堪え難いようなコクピット内の閉塞は、観る側の心拍数をいやがうえにも上昇させる。そこには悠然とした景色を眼下にするような爽快さはなく、16mmフィルム撮影の粗々しいルックも手伝い、むしろ自らの内的意識との戦いを強調するかのようだ。またこうした描写をグリーンバック合成を用いず、LEDディスプレイに背景を映してコクピットのセットと同期させて撮ったという生々しい効果演出も、本作特有のライド感をより強固なものにしている。

 なにより本作は、アームストロングの個人史に物語の推進を依存する。幼い娘を病気で失い、また同僚の尊い犠牲など、英雄としての背後に喪失と悲しみを背負いながら国家的ミッションへとあたっていく。そんなメンタリティに迫ることで、チャゼル監督は歴史的事実として認識されている壮大な出来事を、等身大の体験として文脈づけ、そして観る者に実感づけていく。

 そんなアームストロング自身の小宇宙と、広大な宇宙とがシンクロを果たすクライマックスの高揚感は、IMAXフィルムキャメラで撮影した高精細、かつワイドに視界を覆うビジュアルパートがもたらしてくれる。意識的にジャイアントスクリーンのフォーマットを駆使したそれは、やはりIMAXの対応劇場で観てこそ本意を遂げるのだ。鑑賞環境に制限を設けたくはないが、「配信で見るわ」とのんびり構える御仁に対し、オレが差額分を払ってでもシネコンに誘導したくなる。「人類にとっての偉大な飛躍」は、まずIMAXへの第一歩から始めるべきだ。(尾崎一男)

映画.com(外部リンク)

2019年2月7日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ