2018年10月20日公開無料配信

ファイティン!

CHAMPION

1082018年10月20日公開
ファイティン!
3.7

/ 203

21%
40%
30%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

生まれて間もなく韓国からアメリカに養子に出された男(マ・ドンソク)は、かつてアームレスリングでトップになることを志していた。孤独な彼はクラブの用心棒として働いていたが、スポーツマネージャー(クォン・ユル)の甘い言葉に乗せられ、再度アームレスリングに挑戦することを決意して韓国に戻り、実の母親を訪ねる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(35件)

かっこいい16.2%楽しい15.3%勇敢13.5%泣ける13.5%笑える9.9%

  • bik********

    1.0

    繰り返し

    韓国映画のパターンの繰り返し。途中で寝ちゃった。

  • iam********

    4.0

    マドンソクの魅力堪能出来る

    主演なのでマドンソクファンは楽しめますね。マブリーと言われる由縁が分かるかと

  • oce********

    4.0

    マブリーの剛腕

    マブリー版の「オーバー・ザ・トップ」といっても何ら問題ない。 家族にも問題を抱えたしがない男。 そんなマークが頼れるのは腕っぷしだけであり、アームレスリングの大会で優勝することで自分を証明しようとする。 マ・ドンソクのためにあるような役柄。 あの太い二の腕がこんなにも活きるとは。 家族を絡めたドラマで泣かせ、熱い男を存分に見せる大会模様。 適当な悪役など余計な人物も多いが、マ・ドンソクを見る映画なので無問題。

  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    マーベル映画のエターナルズに出演していたマブリーを見るためにチョイス。 こういうポスター見ると、スタローンの『オーバー・ザ・トップ』を思い出す。この作品もリスペクトしているのか劇中に、「スタローンの映画観て腕相撲チャンピオンに憧れた」という主人公の説明が入る。 スポーツプロデューサーのジンギ(クオン・ユル)に誘われてアームレスリングで儲けようと行動を共にする主人公のマーク(マ・ドンソク)。 見た目がゴツいマークは酒場の用心棒などで生活している。 ここではいつものマブリー定番のパワーはすごいがいい人が滲み出る。安心の展開でした。時にコミカルな振る舞いを見せるのも親しみやすい。 相棒の親の借金だとか、八百長を強要するヤクザだとかに巻き込まれて振り回されるマブリーだが、喧嘩が強い姿はさすがの迫力。 腕相撲映画なのだが、以外と試合はあっさり。 対戦相手もヤクザの罠も軽かかった。アクション性よりも『家族』『絆』重視でしたね。 この作品の見どころは、家族。 幼い頃養子に出されてアメリカへ渡った主人公の怒りと、やはり母に会いたい願望。未読メールに隠された母の懺悔。 異父兄妹の出会いと子供達とのふれあい。妹の秘密。 とても見どころあり、そして泣けます。

  • rud********

    4.0

    昭和感満載の韓国映画。

    お涙頂戴ものでもいいじゃないか。 根性もの映画でもいいじゃないか。 家族の絆、いいじゃないか。 そんな映画が好きだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ファイティン!

原題
CHAMPION

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日