レビュー一覧に戻る
ファイティン!
2018年10月20日公開

ファイティン!

CHAMPION

1082018年10月20日公開

ムービークリニック

3.0

ほし みっつ

マーベル映画のエターナルズに出演していたマブリーを見るためにチョイス。 こういうポスター見ると、スタローンの『オーバー・ザ・トップ』を思い出す。この作品もリスペクトしているのか劇中に、「スタローンの映画観て腕相撲チャンピオンに憧れた」という主人公の説明が入る。 スポーツプロデューサーのジンギ(クオン・ユル)に誘われてアームレスリングで儲けようと行動を共にする主人公のマーク(マ・ドンソク)。 見た目がゴツいマークは酒場の用心棒などで生活している。 ここではいつものマブリー定番のパワーはすごいがいい人が滲み出る。安心の展開でした。時にコミカルな振る舞いを見せるのも親しみやすい。 相棒の親の借金だとか、八百長を強要するヤクザだとかに巻き込まれて振り回されるマブリーだが、喧嘩が強い姿はさすがの迫力。 腕相撲映画なのだが、以外と試合はあっさり。 対戦相手もヤクザの罠も軽かかった。アクション性よりも『家族』『絆』重視でしたね。 この作品の見どころは、家族。 幼い頃養子に出されてアメリカへ渡った主人公の怒りと、やはり母に会いたい願望。未読メールに隠された母の懺悔。 異父兄妹の出会いと子供達とのふれあい。妹の秘密。 とても見どころあり、そして泣けます。

閲覧数140