レビュー一覧に戻る
バーバラと心の巨人
2018年10月12日公開

バーバラと心の巨人

I KILL GIANTS

1062018年10月12日公開

mr_********

3.0

妄想少女?

巨人がやってくると信じて、武器を用意したり、ワナを仕掛けたりする少女。 クラスにこんな娘がいたらイヤだなあ(笑) この映画を観ていて思ったのは、少女役が大人びて見えたこと。 主人公が小学生ならあり得る話でも、中学生なら無理だろうと思う。 そこで調べたら主人公バーバラを演じたマディソン・ウルフは2002年10月12日生まれで当時14,5歳ぐらいか。 映画でも微妙な年齢w 夢見がちな少女の年齢を過ぎていないか。 事実、先生も彼女の人格を尊重し、何とか立て直そうとするが、バーバラの思い込みの激しさを見ると、ちょっと先生の手に負えません・・・。 同じような感じの映画「怪物はささやく」は主人公はもっと小さな少年だったから、説得力があったが、バーバラはちょっと怖い・・・w なぜバーバラがそんな妄想を持つに至ったのかは後で説明されるのだが、映画としてはどういう結末を迎えるのか興味をもって観ることになった。 結局、彼女の妄想としての巨人を登場させるにとどまったが、そりゃそうだろうけどね。 本物の巨人が登場したら、映画が台無しになりますからw ラスト、憑き物が落ちたように晴れ晴れとした表情のバーバラ。 やっぱり、アナタ怖い・・・(笑)

閲覧数548