劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram
2.7

/ 231

15%
13%
23%
23%
26%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

西暦1273年のエルサレムに、獅子王の命と“聖都”を守るべく円卓の騎士が集結する。遍歴の騎士ベディヴィエールは自らの使命のため、人類最後のマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトと共に、獅子王の統治する聖都に向かうため最後の探索へと出発する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(75件)

ファンタジー17.7%勇敢14.6%かっこいい10.8%スペクタクル9.2%絶望的7.7%

  • momoko

    1.0

    ネタバレクソ映画としての要件は完全に満たしている

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 加藤憲一郎

    5.0

    低評価している皆様へ

    皆さんufotable制作のHF三部作のクオリティの高さに目が眩み過ぎてはいませんか?流石にアレと比較するのは可哀想過ぎますし、少なくとも映像面においてはもう少しそういう色眼鏡を無しに判断した方が良いかと。個人的には少なくともHFには及ばずとも劇場アニメ作品としては十分なレベルの様に思えました。 後、纏まり具合がって言っている人も、HF原作より長い6章を二部でやるからにはそういう事は仕方ない部分もあると割り切れないんでしょうか?小太刀さんも今回よく頑張っていたと思います。他の脚本家でもあそこまで纏めるのは難しかったかと思いますね。全体的に後編への盛り上がりへの積み重ねとしては良くできていたかと。 最後に、エアプで叩いていると思しきレビューも見受けられますが、コンテンツを潰すためだけにネガキャンやって何が楽しいんだと思います。そんなことはやめて欲しいですね。 何はともあれ、後編が待ち遠しいです!

  • awo********

    1.0

    ネタバレ予告編だけでいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rir********

    1.0

    ネタバレ初見で見たのが悪かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kad********

    1.0

    予備知識は必須。命を賭けるべきものとは。

    【賛否両論チェック】 賛:窮地にも屈することなく、かつての王へ人道を問おうとする主人公の姿が、勇ましくて雄々しい。 否:ゲームの知識がないと、正直ストーリーが全く分からない。ツッコみどころも多すぎる印象を受けてしまう。  さすがゲームが基になっている作品だけあって、予備知識がないと何が何だか全く分かりません。最低限というよりは、ある程度そちらの知識がないと、観ても仕方がない作品なのかもしれません(笑)。  かつて仕えた自身の王の非道に対し、劣勢に屈することなく、真っ向からその真意を問おうとするべディヴィエールの姿は、観ていて率直にカッコイイです。本当の意味での、“自らの命を賭けるべきもの”という普遍的な問いの答えを、まさに体現しているような気がしました。  作品が作品なだけに、勿論ツッコみどころもありすぎるのですが、もはやそれを言うのは野暮というもの。100%ゲームのファンの方向けの作品といって、間違いなさそうです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


宮野真守ベディヴィエール
島崎信長藤丸立香
高橋李依マシュ・キリエライト
坂本真綾レオナルド・ダ・ヴィンチ
川澄綾子獅子王
水島大宙ガウェイン
沢城みゆきモードレッド
置鮎龍太郎ランスロット
内山昂輝トリスタン
安元洋貴アグラヴェイン
子安武人オジマンディアス
田中美海ニトクリス
小松未可子玄奘三蔵
鶴岡聡アーラシュ
稲田徹呪腕のハサン
千本木彩花静謐のハサン
鈴村健一ロマニ・アーキマン

基本情報


タイトル
劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日