ここから本文です

パウロ 愛と赦しの物語 (2018)

PAUL, APOSTLE OF CHRIST

監督
アンドリュー・ハイアット
  • みたいムービー 53
  • みたログ 102

3.68 / 評価:82件

解説

メル・ギブソン監督の『パッション』でイエス・キリストを演じたジム・カヴィーゼルが、再び聖書の世界に挑戦した歴史ドラマ。キリスト教徒たちが皇帝ネロの弾圧を受けるローマを舞台に、非暴力の愛を説いた使徒パウロと、彼の言葉を人々に広めようとする医師の物語が展開する。『アトミック・ブロンド』などのジェームズ・フォークナーがパウロ、ジムが医師を演じる。音楽を『ネバーランド』などのヤン・A・P・カチュマレクが担当した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

紀元67年。皇帝ネロはローマの街を炎が覆い尽くした大火事の原因を、キリスト教徒の放火と判断する。その首謀者としてタルソのサウロことパウロ(ジェームズ・フォークナー)が逮捕された後、医師のルカ(ジム・カヴィーゼル)が投獄された彼に会いに行く。キリスト教徒への迫害が激しさを増す中、ルカはパウロの言葉を書き記し、人々に伝えようとする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ