ここから本文です

女王陛下のお気に入り (2018)

THE FAVOURITE

監督
ヨルゴス・ランティモス
  • みたいムービー 652
  • みたログ 3,068

3.80 / 評価:2585件

三人の女の奇怪な政治闘争

  • からかす さん
  • 2020年3月31日 21時13分
  • 閲覧数 444
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

女王アンを巡る側近のサラ、侍女アビゲイルの
ヒリつくような女王の寵愛争い、
演じる三人の演技合戦がすさまじい。
特にサラを演じるレイチェルワイズ、
知的で冷静、勇猛かつ情熱家の側近の佇まいの美しさよ。
もちろん女王アンを演じるオリヴィアコールマン
プライドが異常に高く傲慢でなおかつ物哀しい人物を
文字通り泣いて喚いて吐いて、それでいてギャグにならず
オーバーアクトにならない演技は素晴らしい。

物語は終始緊迫感に富んでいて退屈するところがない。
また中世英国王室の衣装やセットは豪華絢爛だけど
デザインされた画作りと奇妙なカメラワークで
どこか妖しく異質な雰囲気を醸し出している。

結局のところこの三人の女は「失う」わけで
特に元々貴族だけど愛妾として身をやつしていた侍女アビゲイルが
その知性と勇気と大胆さを武器に
上流階級へと戻った結末があそこというのが
実に悲しいエンディングだ。

ところで私競馬をたしなむもので
ゴドルフィン卿が出てきたときに少し興奮。
あのゴドルフィンの名前の由来なのね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ