レビュー一覧に戻る
MEGALODON ザ・メガロドン

bvinx

2.0

ネタバレアサイラム!

『数百万年の時を超え、その怪物は生きていた!体長40メートル、伝説の超巨大古代鮫<メガロドン>。史上最強のモンスターに挑むパニック・アクション。 ハワイ沖で沈没したロシア潜水艦を発見したアメリカ海軍駆逐艦。潜水艇で救助に向かったリンチ中佐らは絶滅したと思われていた巨大な古代鮫メガロドンに遭遇、潜水艇ごと飲み込まれてしまう。潜水艇の救出、ハワイ本土への被害を食い止めるため、兵士たちは史上最強のモンスターに壮絶な戦いを挑む!』 ムービープラスより引用。 B級と判っていながらも、ついつい観てしまうアサイラム…。2回目の視聴でしたが、少し前にMEG ザ・モンスターを観ていたので、余計に落差を感じてしまいました…。 パッケージはとてもそそる画なのに、作中に出てくるメガロドンとは大きさが異なります。 パッケージと同じように、ボートを下から呑み込む描写もあるのですが、危機迫る音楽が流れるのみで、波の音などが一切ないために、臨場感がというか迫力が薄いというか、少し残念に思えてしまいました。 基本はメガロドンによるパニック映画なのでしょうが、総じてアメリカ海軍をかっこよく描いているなという印象でした。 ただ、中佐が艦長に意見するシーンが多々なことや、大佐の命令に背いたりなどに少し違和感。 配役については、マイケル・マドセンさんがツボでした。いい人物設定なんだろうけれど悪役感のある、それでいてかっこいいところをかっさらってしまう、そんな役柄がイメージにピッタリでした!

閲覧数478