ここから本文です

ハード・コア (2018)

監督
山下敦弘
  • みたいムービー 174
  • みたログ 443

3.30 / 評価:374件

解説

狩撫麻礼といましろたかしによるコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を、山田孝之主演・プロデュースで映画化。都会の片隅で不器用に生きるはみ出し者の主人公とエリートの弟、主人公の心優しい友人が、1体の古いロボットを発見したことから人生が一変させる様子を映し出す。主人公の弟を佐藤健、主人公の友人を荒川良々が演じる。『映画 山田孝之 3D』などで山田と組んできた山下敦弘監督がメガホンを取り、『もらとりあむタマ子』などの向井康介が脚本を担当。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

世間に溶け込めず、群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金を探している権藤右近(山田孝之)は、唯一心を許せる心優しい同僚・牛山(荒川良々)と毎日を過ごしていた。ある日二人は廃工場で古びたロボットを発見し、右近の弟でエリート商社マンの左近(佐藤健)が調べると驚異的な性能を持つことが判明。やがて彼らは、ロボットの能力を使って埋蔵金を掘り当てるが......。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ