レビュー一覧に戻る
アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング
2018年12月28日公開

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

I FEEL PRETTY

1102018年12月28日公開

tom********

3.0

ネタバレ思い込んだら勝ち!

短期間に2度、この作品を耳にする機会があって、「じゃあ見てみるか」となりました。 容姿に恵まれない主人公が、頭を打ちます。 すると、全く見た目は変わっていないのに、自分が美人になっていると思い込んでしまう。 そんな「魔法」にかかったことから転がっていく話です。 自信満々になった主人公は、ファッション系の会社の受付嬢の選考へ申込み、その自信溢れる言動で選考を突破。 受付としての仕事の中で会社のトップと知り合って、順調に仕事をこなしていく。 いっぽう恋愛面でも、男性が受付番号を尋ねてきたことを電話番号を聞く口実だと思い込んだことで会話を繰り広げ、デートしたいに違いないのに恥ずかしがっている、と解釈してグイグイ距離を縮めていく。 映画を見ながら「コイツ調子乗ってるなぁ」と鼻白んで来た頃、主人公の自信過剰っぷりが明らかにネガティブなものとして描かれる場面が訪れます。 やがてそのことが友情を引き裂いていくことになります。 友人たちは「魔法」以前からの仲良しで、魔法にかかってからも、不思議がりながらも変わらない付き合いをしてくれた人たちでした。 つまりは、もっとも尊い、大切にしなければいけない人たちでした。 その友人たちとの別れが、見ててとても辛かったです。 主人公の自業自得なんですけど。 そして、「魔法」が解けます。自信に溢れた言動は消え失せ、仕事からも、彼氏からも逃げ出します。すがった友人たちには、「魔法」がかかっていた頃の調子に乗った言動のせいで、突き放されてしまいます。 なんとか再び「魔法」にかかろうと、状況を再現しますが上手く行きません。そんな中、自分が関わっていた仕事のその後を耳にします。たまらずその現場へ乗り込みます。自分の「魔法」を絡めたプレゼンをやろうと聴衆の前へ立ったときに「魔法」の正体に気が付きます。つまり、見た目は一切変わっていなかったことに気が付くのです。 ここからのセリフ、ここがこの作品の一番アツいところだと思います。 作品のメッセージとしては、前向きに生きようぜ!ってことだと思います。言い方に工夫がないですけど(笑) ただ、ちゃんとラストでルックスだけじゃないよ、って作り方になってるので、グンと深い作品になってると思います。 「魔法」より前から友人だった二人、「魔法」にかかった後に恋人になった男性、この三人が分かりやすく作品のメッセージを伝えてくれます。 自分のルックスに自信がある人って、多くないと思うんです。 で、一般的にはネガティブになるな、ポジティブになったほうが良いって言われるじゃないですか。 つまりは、この作品のように、自分のルックスに自信をもってポジティブになるのがひとまずのベストアンサーなのです。 この作品ほど突き抜けた「魔法」にかかるのは難しいけど、ポジティブが幸運を招くってのはあると思うんです。 理屈をちゃんと付けると、周囲の受け止め方が変わると思うんですよね。 ポジティブな人と一緒にいるの、楽しいじゃないですか。 ネガティブな人と一緒にいるの、嫌じゃないですか。 周囲の人から「あいつ良い感じ♪」って思われたら、人間関係めっちゃ円滑になるじゃないですか。 つまりは、そういうことです!!(笑)

閲覧数1,532