ここから本文です

アンセイン ~狂気の真実~ (2018)

UNSANE

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
  • みたいムービー 34
  • みたログ 227

3.03 / 評価:180件

さながら「蜘蛛の巣に捕らわれた女」(笑)

  • コトホギ さん
  • 2019年4月13日 8時14分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

DVDにて、鑑賞♪
参考までに、概要を説明すると
主人公は、ストーカー被害を受けた事で
精神的に、不安定な女性=ソーヤ(クレア・フォイ)

幻覚に、悩まされるようになった彼女は
専門のクリニックで、カウンセリングを受ける
しかし、不用意に、書類にサインをしてしまった事で
そのまま、強引に、強制入院させられてしまう

しかも、当のストーカー男が
クリニックの「スタッフ」として、現れ…
と、まぁ、こんな展開で
主演が、「蜘蛛の巣を払う女」の主演女優なだけに
本作は、さながら、「蜘蛛の巣に捕らわれた女」という感じ(笑)

ちなみに、中盤に、回想シーンの中で
主人公に、アドバイスしていた男性が
「マット・デイモン」に、よく似ているなぁ…と思っていたら
「本人」だったので、吃驚!Σ( ̄□ ̄;)

主演女優と、一緒に写っているシーンは、なかったので
多分、「別撮り」して、編集したのだろうけど
たった、あれだけの出演で、彼が、いくらもらったのか
何気に、気になってしまった。(@_@)
それとも、友情出演か?!

あと、「ヴァイオレット」役の女優さんも
どこかで、観た事が…と思ったら
「つぐない」で、主人公の「従兄妹」を演じた女優さんだね!(゜o゜)
彼女も、何気に、上手い女優さんで、良かったです

脚本に、関しては、ラストに、もう少し
カタルシスを、感じられると、良かったかと
一応、ビッチな女所長が、御用になるシーンはあったけれど
他の「デブな従業員」たちも、
全員、連行されるシーンが、あれば、良かったかと

映像に関しては、全編「iphone」での撮影という事で
若干の窮屈さは、感じたものの
映像が、POVの様に、揺れる事はなかったので
そこは、見やすくて、良かったです。

という事で、評価は、★3つ
本作は、監督志望の人が、「教材」として観るには、いいのかも?
気になった方は、ご自身の目で、ご確認を! (・▽・)ノ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ