ここから本文です

アンセイン ~狂気の真実~ (2018)

UNSANE

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
  • みたいムービー 33
  • みたログ 123

3.04 / 評価:98件

良く有るパターン

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年4月25日 7時37分
  • 閲覧数 611
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1484作品目。WOWOWにて視聴。

この手の主人公が精神病院に入院するケースは

・周りの陰謀(財産や恋愛がらみ)で強制入院、誰に訴えても解ってくれない
・被害者と思われていた入院患者(主人公)が、実は原因の大本

この二パターンに大別されますよね。

まあ、たまーにFBIやCIAのエージェントが内部調査の為に・・も有りますが。

さて、本作品。
途中までは「誰が原因か」「誰が悪いのか」が良く解らない。

まあ普通に考えて、精神病院に入院している患者が新任の医者に向かって「こいつ、ストーカーの犯人よ」「私をここまで追いかけて来たのよー」なんて騒いだら、1000%患者の妄想と思いますが。

以下完全ネタバレ(ざっくりと)

・主人公が心療科に「カウンセリング」に
・その病院(精神病院)は、儲けの為に主人公を一泊させる
・納得出来ない為に暴れた主人公、さらに一週間の入院処置になる
・新任の医師が来るが、実は主人公をストーカーしている男

で、主人公は「接近禁止命令が有る筈なのに」と大騒ぎ。が、回りからは「あの女性患者が何やら騒いでる、病状は悪化の一途」と見られる。

で、何やかやあり逃げたり拘束されたり。
唯一の味方枠だった黒人患者(実は潜入した新聞記者)は殺されるし。

結局車のトランクに入れられ、誘拐された主人公。
が、森の中でトランクから脱出。ストーカー男ともみ合い、目を刺して殺す。
一方病院では、マスコミが押し掛け警察の捜査も入り、院長が逮捕される。

そして六か月後、見事に社会復帰し昇進した主人公だが・・
レストランの別の席の男性がストーカー男に見え、ナイフで刺しそうになる。
すんでの所で「あ、別人だ」と認識しナイフを落すものの・・

彼女のこれからは波乱万丈、とてもハッピーエンドとは。でEND

まあ、よくあるパターンです。
「一体だれが本当に精神病なのか」「医者は善人なのか、策士なのか」
「主人公は本当は被害者なのか加害者なのか」が中盤まで解らないのは王道のパターン。

今回★3を付けたのは、ストーカー男が妙に純粋な乙女男だった事が新鮮で。
パッと見はムサい髭面の強面なおっさんなのですが、内面は純粋一筋。そこが妙に新しく感じたので、甘目で★3でひとつ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ