ここから本文です

ヘレディタリー/継承 (2018)

HEREDITARY

監督
アリ・アスター
  • みたいムービー 267
  • みたログ 1,428

3.25 / 評価:1155件

「継承」の意味

  • dadadasteady さん
  • 2020年9月3日 1時39分
  • 閲覧数 1573
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

あまり予備知識を入れずに鑑賞。
妹役の子がパッケージ等で全面に押し出されてるけど、
父親役がガブリエルバーン、母親役がシックスセンスの母親役の
女優さんだったりと、凄く豪華で驚きました。

■上映時間が少し長いかな…
前半の妹の死(これ凄く意外だった!)から少しずつ異変が起こる
ところまでと、ラストの本を燃やした後の駆け足の展開…
この2パートは本当に怖いし意味深なカットも後々に意味が
分かるようになっていたりと凝った作りで観入ってしまいました。
途中の中弛み感がもったいなかったな…

■キャスト陣と演出の素晴らしさ
母親役の女優さんがどんどんおかしくなっていく演技が心底恐ろしく
妹役の女優さんもあの短い出演時間で強烈なインパクトを残しているし
実際に終盤まで人がバッタバタ死んだり大きなポルターガイストが
起きたりする訳でもないのに不穏な空気をずっと維持する演出も見事。

■作品の根本のテーマについて
強いて言えば結局のところ悪魔崇拝という、ハリウッド作品で
よく扱われる題材がベースなので、馴染みのない我々日本人にとっては
もう少し丁寧に説明して欲しいところ。

半狂乱の母親が夫にバタバタと説明するんじゃなく、徐々に
核心をついてくれたらもっと徐々に終盤の展開に向け恐怖を
味わえたような気がします。

邦題に「継承」ってわざわざ何で入れるねん余計な仕事するな~…
って鑑賞前は思ってましたが、本編観ると意味が分かりますね。
てっきりババァの怨念的なものを妹が受け継いで…的な話だと
思ってましたが、そういう意味の継承とは…

■最後に
ラストの母親が何かに取りつかれた動きをする場面からは
久々に体がゾクッとする感覚に襲われ、心底恐ろしかったです。
あのシーンだけで☆4でもいいぐらいです。

あと、やっぱりこの監督はヤバいですね(笑)
ミッドサマーも鑑賞しましたが、人によっては笑ってしまうような
演出なんだけどやっぱり不気味で怖い…そういう場面を作るのが巧い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ