レビュー一覧に戻る
ヘレディタリー/継承
2018年11月30日公開

ヘレディタリー/継承

HEREDITARY

PG121272018年11月30日公開

sak********

3.0

役者の表情が印象に残る普通に怖いホラー

正統派のホラー演出で 普通に「怖っ」と感じさせる作品ではあります。 ただ、 この手の悪魔を扱った作品にありがちですがストーリーがわかりづらく、 キーとなるアイテムやワードも見ている側がちょっと目を閉じた間に見逃すようなちりばめ方がされているので、初見で最初から最後まで意味がわかって見る人はあまりいないんじゃないでしょうか? どなたかがこの作品について書いている解説やら感想やらを読んで ようやく、ああそういう事なの?って思えますが 見ている間はそこまでわからないので ただ「場面として」怖いという印象になってしまいます。 強く印象に残るのは 娘役のミリー・シャピロと 母親役のトニ・コレットの表情。 特にトニ・コレットの演技は強烈で 普段の自分の人としてのキャラとは別の役柄をすさまじい迫力で演じ切る女優さんってすごいよなぁと感心してしまいました。 同監督のミッドサマーを見た後で こちらの方が怖いという評価もあったので見てみましたが、 まあ、普通のホラー映画でした。 狂気度はミッドサマーの方が上。 恐怖度はこちらの方が上という印象でしょうか。 ストーリーや細かい部分に荒っぽいところもあるし ミッドサマー同様に展開がゆっくりしていて少し長く感じるので 絶賛できるような作品では決してありません。 でも、 久しぶりに人ではない心霊や悪魔の存在を正面から扱った、全体から滲み出るような恐怖感のある作品ではありました。

閲覧数607