ここから本文です

ステータス・アップデート (2018)

STATUS UPDATE

監督
スコット・スピアー
  • みたいムービー 70
  • みたログ 182

3.79 / 評価:137件

SNSにあげるのは、いい時ばっか。

  • ちゃび さん
  • 2018年12月3日 16時19分
  • 閲覧数 1511
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

若い女の子の多さにたじろぎ「オバはんが来たらアカン映画やん」と焦りました。
入場時に主人公の青年のポストカードが配られると「こんなんもらえるん?!うれし〜!」とテンションアップのお嬢さんたち。ロス・リンチくんって人気者なのね。私は名前すら初耳…(汗)。

謎のアプリに望みを書き込むと、なんとその通りに叶ってしまう!灰色の学校生活は、たちまちバラ色に!しかし…というお話。
アプリはニュアンスを汲んでくれず入力された文字のままに現実化してしまうので、そのギャップで笑える部分はあるんですが、コメディと呼ぶほどではありません。
そして、ミュージカル嫌いの私はブルーノ・マーズを歌う場面でお尻こそばかったものの、歌うシーンは抑えめだったので乗り切れました(笑)。

「SNSにあげるのは、いい時ばっかり。いい時ばかりの人なんていない」というお母さんの言葉が秀逸でした。
そうそう、あれは眉ツバもんの話半分くらいに思っておいたほうがいい。オバちゃんにはよ〜くわかります。友達は何十人何百人もいらなくて、一人の親友がいてくれればいい。

テンポのいい王道の主人公成長ストーリーだから、やっぱり若い人がご覧になる映画ですね。
「ハレルヤはええ曲やで」と思ったアラフィフの私には向いていない。ごめんなさい。

ロスくんは残念ながら好みではなかったけど、アプリを押し付けるスピリチュアルあんちゃん、太っちょの親友くん、そして、細かい笑いを放り込んでくる軽音部の顧問(ジョン・マイケル・ヒギンズ!)がいい味でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ