ここから本文です

ぼけますから、よろしくお願いします。 (2018)

監督
信友直子
  • みたいムービー 93
  • みたログ 228

4.23 / 評価:192件

素晴らしい映画です。

  • hpr***** さん
  • 2020年10月24日 20時33分
  • 閲覧数 415
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

年老いた両親が四苦八苦しているシーンついて、
撮影者である娘さんが助けて上げれば良いのにと言うコメントを
時よりより見かけますが、お門違いも甚だしいと感じました。

何にしても感じ方は人それぞれとは理解しておりますが、
ここまで違う事に驚きです。

撮影者である娘さんはドキュメンタリー映画を作りたかったのですよね。
それもご自分の老いた両親を題材にして、掛け値なしの有りのままの
ドキュメンタリー映画をです。

普通の有ればご自分の年老いた両親の事実など
世間には晒したくないですよ。

ご両親だって普通で有ればご自分の老体など
世間に晒したくない筈ですよ。

それなのに娘さんは映像を生業とする人間として、
そしてまたご両親も器が大きい方で、娘が希望するならと受けたのでしょう。

でもいざ撮影が始まったら、娘さんは撮影をしている中での瞬間瞬間で、
プロの撮影者としての意識よりも、娘の立場として自分が勝ってしまい、
ご両親に手助けしたい感情に何度も見舞われた事と容易に
想像が出来ます。

でも、そこはプロの撮影者としての矜持として
ご自分の感情を抑え込んで、撮影を続けされた様子は
映画を見ていても痛いほど感じ涙が出ました。

時としてご自分のご両親の醜態ともいえる場面も
(本当は決して醜態などでは無くて、
これが老いる事と言うただの事実なのですが・・。)
極力ご自分の感情を抑えて撮影を行い、その部分を削除もせずに
一般公開する心意気に心から感動しましたし、
ご両親もご自分の娘だからこそ撮影を許したのでしょうけど、
ここまで赤裸々にご自分たちの生活の様子を撮影をする事を
許した、ご両親の人間としての大きさに感服しました。

最後に私の母親は9年前に86歳で亡くなりましたが、
その姿と重なり母親を思い出したり、又ご両親にお優しい娘さんを
見ていると、私も同じ様に優しく接してあげて居たらと
今更ながら後悔して、何とも切ない気持ちになりました。

素晴らしい映画を作って頂きまして有難う御座いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ