ここから本文です

メリー・ポピンズ リターンズ (2018)

MARY POPPINS RETURNS

監督
ロブ・マーシャル
  • みたいムービー 633
  • みたログ 4,137

3.81 / 評価:3687件

続編もまたGOOD!また観たい。

  • cho***** さん
  • 2019年3月9日 11時39分
  • 閲覧数 369
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんと「メリー・ポピンズ」55年後の続編とは。。「メリー・ポピンズ」のレビューにも書いたのですが、17歳の時にリヴァイバルで見てから劇場,VHS、DVDと10回は楽に観てます。それほど好きな映画の続編、期待半分、不安半分というところでしたが、さすがはディズニー、期待をいい意味で裏切ってくれました。全くの正当な続編です。何はともあれ、主役のエミリー・ブラント。ジュリー・アンドリューズがオスカーを取ったほどの名作の主役を引き受けるとは相当のプレッシャーだったでしょう。見てる方の僕も不安もなくはなかったですが、開巻メリーが風船を捕まえるシーンで不安など全く吹き飛びました。「ああ、メリー・ポピンズだ!」エミリーは171cm、やや背が高い気もしいますが、ちょっと気取ったしぐさやクイーンズ・イングリッシュ、ブルネットの髪(エミリー本人はブロンド?)。ファッションも素晴らしく、ジュリーのような4オクターブもの高音は出ませんが、美しい声と発音で歌う姿はメリー・ポピンズそのものです。他の子役、男優、女優も適役で言うことなし。「キングズマン」シリーズのごひいきコリン・ファースが登場人物で唯一の悪役の頭取を楽しそうに演じてます。個々の音楽、ミュージカルシーン、ダンスも「メリー・ポピンズ」を見た人、いや見てない人も納得、十分楽しめます。※最初タイトルバックを見たら、MUSIC:MARC・SHARMANて見えたのでメリー・ポピンズやディズニーおなじみのシャーマン兄弟の息子!?・・いやMARC・SHAIMAN、マーク・シェイマンだって!煩わしいってのw いちいち挙げませんが、すべてのシーンが前作「メリー・ポピンズ」への愛情、リスペクトに満ちています。予告編で見たディック・ヴァン・ダイクがいつ出るのかなあ・・という楽しみもあります。残念ながらジュリー・アンドリューズは出ません(オファーはあったのですが、これはエミリーの映画、邪魔をしたくないので辞退したとか、泣けますねえ)が、もう何も言うことはないです。・・そう、「ボヘミアン・ラプソディー」超凄い傑作であることは間違いないですが、僕はこの「メリー・ポピンズ・リターンズ」の方が3倍は好きですw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ