2018年12月7日公開

パッドマン 5億人の女性を救った男

PADMAN

1372018年12月7日公開
パッドマン 5億人の女性を救った男
4.4

/ 1,139

54%
34%
8%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

インドの田舎町で小さな工房を共同経営するラクシュミ(アクシャイ・クマール)は、新妻のガヤトリ(ラディカ・アプテ)が生理の際に古布を使っていることを知る。ラクシュミは、市販のナプキンが高くて買えない妻のために清潔なナプキンを作ろうと研究に没頭するが、周りの人々から非難されてしまう。都会に出たラクシュミは、ある素材の存在を知る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(164件)

泣ける14.6%笑える13.2%楽しい12.0%勇敢11.3%かっこいい10.6%

  • mee********

    5.0

    完璧な落とし所

    基本的には、ある男のサクセスストーリーです。 周りの無知・偏見と戦い、誹謗・中傷を乗り越えて成功を掴む話しです。 こうした映画のキモは、その落とし所であって、 簡単に成功してしまえば「何だかなぁ」と白けてしまうし、 成功までの過程を引っ張りすぎると 「もういいよー、話しを展開してよー」と飽きてしまう。 この映画は、その落とし所が絶妙で、ここしかないと言う ピンポイントで主人公は逆転を果たします。 映画の終盤で、父親の質問に対する娘の回答も100点満点。 愛の深さに涙が溢れそうになりました。 明るい気持ちになりたい方は必見の秀作です。

  • tks********

    4.0

    究極のフロンティア精神

    愛する奥さんのためというピュアで熱い気持ちがここまで成し遂げてしまうとは。あの逆境に立ち向かう事など自分には不可能と思え、ただただ脱帽。凄まじいフロンティアスピリットを感じた。

  • pir********

    5.0

    バットマン、スーパーマンよりもスーパーヒーロー

    外国の生理事情を考えたこともなかった けがれの間の習わし、よごれた布、女の問題 見ていて胸が苦しくなる 女の子が大人になったお祝いのシーンはとても美しく喜ばしいのに その晩から生理の間は外の専用部屋で寝る 周りの目があるからもうやめてと言う妻の気持ちもよーくわかる 変態、変人扱いされるラクシュミ 切ない でもコメディなので面白いし笑える とっても良い映画だった

  • ムービークリニック

    5.0

    ほし いつつ!

    初めてこの人物を知る。 タミル・ナードゥ州出身の発明家・社会活動家アルナーチャラム・ムルガナンダムが低価格で衛生的な生理用ナプキンを発明した。 それと同時にインドのダブーとしての風習や文化に触れたような気がした。 この映画が上映禁止とされる国もあることに宗教の難しさも見えた。 輸入品は高くて買えないナプキンを自分で作ろうとする決断。偏見や村八分、離婚も受け止めざるを得ずに開発に奔走する姿は、とても苦難で『おしん』観てるような気分になった。 開発に成功しても、利益は重視せずに会社はつくらずに機械と製造指導と販売指導を与えて独立採算させる方法は、まさしく善人で神のよう。 タブーを扱うので意識してか、映像は明るく人物たちは皆さわやかである。村を追い出されて研究に精を出す旅は、感動的でとても面白いサクセスストーリーになっている。 映画の冒頭に、「実話だが人物像は脚色がある」と説明する。だいたい伝記的映画は脚色が入るものだが、このように正直に告知するのはまずない。とても好感度高い。 観ていてこれは脚色だろうな。と思うのは『パリー』の存在。実際そうです。 だがこの展開は、淡い恋愛物語であり雰囲気は抜群に良い。ただ、風習や家族の要因もあり離婚していた元妻が、大成功を収めた元夫に連絡して元さやに戻る。 いちばん身近にいて開発に尽力していたのはパリーであってお互いに恋愛モードに入っていたのが切ない。 少し後味が悪い。しかしナプキン製造は元はと言えば、妻のために行動を起こしたものであるので納得はするが。 映画ではそう期間がかからないように見えた製造方法。実際には数年かかっているそうで、事実を知ると苦労の大きさが感じられました。 まさに英雄を感じられる物語でありました。

  • モナリザパーキング

    4.0

    観る前は羞恥心。観た後は称賛感!

    パッドマン 5億人の女性を救う インド 新婚ほやほやの仲睦まじい夫婦。 しかし女性の生理についてほとんど知られてないインドの事情で衛生的な事や宗教上穢れとされていた事を知る夫。 当時話題となっている生理用品が高騰で売られていたが一般市民にはアクセサリーが買える値段で高額だった。 ひょんな事から発明が好きな夫は生理用ナプキンの開発をしていく事なるのだが… 宗教や思想も絡み大きな反響や問題を提示していく実話リスペクト映画! ◎82B点。 ◇観る前は恥ずかしい感!観た後は誇らしい感!実話と思えないほどの凄いストーリー! ★ややご都合主義な怪しいエピソードがあるものの予想を覆す後半のスケールや涙腺緩むストーリーは本当に観てほしい映画でした。 新たなスーパーヒーローを是非オススメします! ◎見所5! 1️⃣知らなかったインドの生理用品事情が解る 2️⃣起業したい方のヒントになるかもネ。 3️⃣インドの生活、街の風景が見れて楽しい。 4️⃣ナプキンで恥をかくなら死を選ぶ!マジか 5️⃣なんかアホなのかなぁ〜主人公の熱意! ★試作品を試すのは女性で無くても良いかと思ってしまった?水などで試験すれば終わりなのでは無いかなぁ? ★調べました! ナプキン1setが55ルピー 日本だと約4500円位の感覚なのかなぁ?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
パッドマン 5億人の女性を救った男

原題
PADMAN

上映時間

製作国
インド

製作年度

公開日

ジャンル