ここから本文です

パッドマン 5億人の女性を救った男 (2018)

PADMAN

監督
R・バールキ
  • みたいムービー 510
  • みたログ 1,355

4.36 / 評価:1115件

5日✕12ヶ月=2ヶ月

  • ody***** さん
  • 2019年11月5日 2時18分
  • 閲覧数 642
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画を観始めたばかりの私
(1980年頃のインドかなぁ)
映画の途中で2001年と出てくる
「えええぇぇ!2001年て最近やん…」
部屋で一人言が止まらない私

映画前半は軽いカルチャーショックに見舞われながら、宗教とは、因習とは、教育的貧困とは、をこれでもかと突き付けられます。

インドの生理用ナプキンの話と聞いて、劇中の男性側からの批判は想像していました。でもまさか、女性からもここまで理解されないとは…。
妻のためのナプキン開発なのに、妻からも恥をかくなら死んだほうがましと言われ、それでも心が折れない主人公。
彼の愛ゆえのフラットな物の見方には感服させられます。

後半は前半のボディブローを吹き飛ばすかの如く、まさに快進撃。爽快。
安価なナプキンの開発がヘルスケアだけではなく、女性の雇用を生み出し、インドの女性の在り方を変えてゆく。
まさかそんな展開になるとは思わなかった。
最後まで純粋に妻のため、女性のため、人のために成し遂げた主人公のスピーチには涙が出ました。
英語できなくてもあんなに伝わるんだ。

そして彼の開発になくてはならなかった存在の女性への言葉にもまた泣かされ…。

要所要所に散りばめられたインド映画ならでは?のダンスと歌も肌に合ったのか、インド映画めっちゃええやん!
となりました。

5日✕12ヶ月=2ヶ月
なんて大きな数字なのかしら…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ