2018年11月2日公開

華氏119

FAHRENHEIT 11/9

1282018年11月2日公開
華氏119
3.6

/ 533

19%
38%
29%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

2016年11月。共和党のドナルド・トランプは、アメリカ合衆国大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントンを破り、第45代大統領の当選が確定する。数々のドキュメンタリー作品で自ら取材を行ってきたマイケル・ムーア監督は、トランプについて取材し、トランプを当選させたアメリカ社会の問題に迫る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(123件)

絶望的14.2%知的13.0%勇敢11.4%恐怖11.0%悲しい10.6%

  • 宮崎是彰

    3.0

    基本的にアナーキー

    マイケル・ムーア節というか左派リベラル派な作品でした。 基本的に情報の切り取りで伝えたいことだけ伝えるスタイルなのでこれだけ鵜呑みにするのは違うかなと感じました。 なんかアンチトランプ的な作品のように喧伝されていますが、権力者が嫌いなのでクリントンやオバマも批判しています。これはだめだと言いつつも恐らく擁護していた人が権力もったらこんなはずじゃなかったと批判しそうなムーアさんのスタイルがちょっと感じます。 この映画がきっかけの問題提議も確かにあるのですが、このスタイルではただの批判と流されてしまいそうな危うさがあります。 もっと骨子をもった作品のほうが良いかなと思いました。

  • oir********

    3.0

    トランプの弾劾というよりは米国の病巣描写

    パッケージからはトランプのみに焦点が当てられているかのような印象を抱かせられるが、トランプ批判はかなりの薄味。 それよりもある地域における傲慢知事による汚染水道問題(ネットニュースでも一時期見た記憶あり)、銃乱射による凶悪犯罪を助長する全米ライフル協会問題などアメリカに深く横たわる〝権力や影響力を持つ者の腐敗やのさばり”を描こうとした内容という印象。 トランプが大統領になったからアメリカはより悪くなったというニュアンスは少しは感じられるが、だからと言ってヒラリーが当選すればそれはそれで格好の映画のネタを提供してくれることになったかもしれない。 実際、一時期は〝民衆の期待の星”だった当時の大統領オバマも汚染水道水問題には全くの〝でくの坊”でしかなく、日本人の私が見てもがっかり呆れ返るようなパフォーマンスしかできなかったのだから。 本作での個人的な収穫は上の汚染水道水問題を深く認識できたこと。やはりネットニュースだけでさらっと見知っただけではすぐ蒸発する些末情報に過ぎないが、映像と住民の声を併せ見ることで刻印具合が全く違うものとなる。 映画的にはちょっととっ散らかっているのは否定できないが、それでもマイケル・ムーアとしてはそれなりに大変な努力を傾けた作品なのもまた間違いないだろう。 3.1の三ツ星 トランプに関しては陰謀論的にホワイトハット(善なる組織らしい)側の意を汲んだ正義者という見方もある。 反対にヒラリーはカバール側の傀儡に過ぎない。(カバール→これこそ世界を陰で操る巨悪組織らしい) 異国者にとっては(というよりアメリカ人にとっても)何が何だか訳が分からん状態。 よくよくどちら側の情報もよく読み、精査して理性的に判断しないと危なくてしょーがないよ。苦笑

  • aa0********

    1.0

    内容が古いニュースのようだ

    今となっては既にバイデン政権になり全体的に情報が古くて見る価値なし。

  • spu********

    1.0

    民主主義を愚衆主義にしてはいけない

    トランプ憎しという結論ありきですべての事象を切り捨てているので物凄い違和感を感じる。 民主党の悪事がトランプを作り出したんだ。 ヒラリーがアホだからトランプが生まれたんだ。 そんな事ばっかり。 だったら結局悪いのは民主党であってヒラリーだろう?そして一番悪いのはアメリカ国民だろう?? 結局アメリカ人の愚かさが今のアメリカやアメリカの抱える問題を作り出している事にいつになったら気が付く?いつまで人のせいにするつもり?? 挙句、何が何でもヒトラーと重ねようとサブリミナル的な刷り込み演出でトランプ=ヒトラーという主張を繰り返す構成。 これこそがまさにヒトラーのやった手法ですよね? 果たしてあの時の熱狂に流されているのはどっちなのでしょうか?

  • ft0********

    3.0

    日本ても似たような事あるよね

    これがかつて憧れてきたアメリカの姿だと思うと、悲しくなる。 勿論、かなり偏った考えの作りにはなっていると思うが、これ位の描き方をしないと、なかなか観る側には伝わってこないのかもしれない。 とくに終わり近くの人種間の分断はトランプになってから酷くなっていると思われ、悲しい限り。トランプが悪いと言うより、元々人々の中にあったのだろう。トランプが堂々とマイノリティの人達を攻撃する様を見て、自分達も言って良いんだとおもったんだろうね。本当に悲しい事だ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
華氏119

原題
FAHRENHEIT 11/9

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日