2018年12月15日公開

メアリーの総て

MARY SHELLEY

PG121212018年12月15日公開
メアリーの総て
3.6

/ 335

19%
38%
32%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

19世紀のイギリス。小説家になりたいメアリー(エル・ファニング)は、異端の天才と称される詩人のパーシー・シェリーと出会う。彼らは互いの才能に惹(ひ)かれ駆け落ちするが、メアリーに数々の悲劇が訪れる。ある日彼女は、滞在していた詩人バイロン卿の別荘で、怪奇談を披露し合おうと持ち掛けられる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(66件)

切ない15.7%ロマンチック10.7%悲しい10.1%知的10.1%勇敢8.4%

  • mar********

    3.0

    ネタバレ120分は長く感じたけど…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    事実は小説よりも奇なり

    バイロンの言った通りだ。

  • chi********

    2.0

    ネタバレ事実は 映画より 波乱万丈

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    5.0

    年末は思いがけない名作に巡り合う!

    不思議と年末に思いがけない名作と巡り合う。 今年は、この作品。 上映館は、ほとんど無くて予告編が良さそうなので観た。 フランケシュタインの原作者は、なんと弱冠18歳の女性。 彼女はなぜ、あの切なく悲しいモンスターを生み出す事が出来たのか。 内容が素晴らしいだけじゃなく、この作品は映像が本当に美しい。 そして、流れる音楽も素敵なメロディで心に染み渡る。 主演は、人気絶頂のエル・ファニング。 これだけすべてが揃っているのにメジャーの映画館で上映がないのか不思議でならない。 もし近くで上映していたら映画館の美しい映像で是非観て欲しい一本。

  • npg********

    4.0

    シェリーがかっこいいいい

    エルファニングの演技もよかったけど、シェリー役の ダグラス・ブースがめちゃかっこよかったw情けない男役だったけどw

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
メアリーの総て

原題
MARY SHELLEY

上映時間

製作国
イギリス/ルクセンブルク/アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル