ここから本文です

暁に祈れ (2017)

A PRAYER BEFORE DAWN

監督
ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
  • みたいムービー 80
  • みたログ 288

3.04 / 評価:211件

刑務所恐怖体験を体感できる力強い映画

  • Kassy さん
  • 2018年12月14日 16時44分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作はベストセラーの実話である。
意図的にタイ語の字幕がオフにされ、言葉もわからない国で収監されるとこういう事になるのだという恐怖体験を観客も疑似体験できるような映画になっている。
ほとんどセリフが訳されず、何が起こってるのか言葉では全くわからないまま、地獄のような服役生活を送る。
見ながら地獄だ、これは耐えられない。と何度も思った。
この映画に出演した実際の刑務者の話によると、8〜9割本当の話らしい…

ただ、そんな刑務所生活の中で、ビリーは薬物に溺れながらもムエタイジムに通って身体を鍛える事により、自らを再生させていく。そこには格闘技に打ち込む純粋な気持ちがあった。
ムエタイシーンを見て、あぁこれは刑務所の恐ろしさを超えたとても純粋な格闘技映画なのだと気付かされた。
何かに打ち勝つために、目指す場所。
弱くて惨めな自分を打破するための力。
生きるために戦う。
見えづらいほどアップで撮られたムエタイシーンは、計算されすぎてないのが逆に良かった。

沢山言葉は溢れて飛び交っているが、心情は一切語られず、映像だけで見せていく潔い映画だ。
ほとばしる静かで熱い感情と、むせかえるようなエネルギーが画面に満ち満ちている力強い映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ