ここから本文です

暁に祈れ (2017)

A PRAYER BEFORE DAWN

監督
ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
  • みたいムービー 80
  • みたログ 288

3.04 / 評価:211件

刺青たっぷり

  • chu***** さん
  • 2018年12月29日 23時49分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

年末恒例 たなか〜タイキーック♩
を目前に控え観てきましたよ、タイキック物語もといムエタイ物語
ではなくて・・・
タイ刑務所物語

主人公はヤクで逮捕されたイギリス人ボクサーですが、主人公に対して、これっぽっちも不憫にもかわいそうにも頑張れーって気持ちにもならないので、ある意味冷静に、なるほどザ刑務所、として教養映画として楽しめ?ます。
世界刑務所劇場タイ編です。

タイの刑務所といえば、なかなかに凄いとこだとは、ちょっとしたドキュメンタリーなどでちょっぴり知識はありましたが、大体が、さらっとカメラで流し見程度なので、受刑囚目線、しかもタイ語が解らない外国人目線ってところが上手いこといってます。
慰問団は内部で賄えちゃうね(レディボーイ)、とか、毎日すし詰め房内で誰かしら死んでるのは問題ないけど刺殺とかだと一応みんな取り調べっぽいことされるんだ、とか、見せしめお仕置き大放送とか。
ザコ房とかヤクザ房とか部活房とか。

試合シーンは、広い青空試合なのに、ドキドキ臨場感ではなく妙に閉塞感を感じます。主人公の心理状態のせいかな。

ちなみに画面のほとんど全身刺青男の裸体で、映画観ているというより刺青観に行った感も強いです。
なお私は、主人公が刺青を入れるシーンが古式ゆかしき方法で好きです。

物語や映像で感動したい人より刺青見たい人向け映画です。
あとは、タイで悪さするとおっさん同士で絡み合って寝なきゃいけないぐらいすし詰めで、貞操の危機やら命の危機やら大変だぞって教育映画としておススメです。

PS
エンドロールのsamuraiってヤクザ房の人たちのことかしら?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ