ここから本文です

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー! (2017)

SERGIO AND SERGEI

監督
エルネスト・ダラナス・セラーノ
  • みたいムービー 42
  • みたログ 123

3.12 / 評価:93件

国籍も国境も関係ない無線愛好家に、拍手。

  • ちゃび さん
  • 2019年1月10日 17時38分
  • 閲覧数 415
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

キューバとアメリカが連携して、ステーションミールに取り残されたソ連の宇宙飛行士を救うって?!
つい一大スペクタクルSFを想像しますが、かなり牧歌的。宇宙モノとしては斬新です(笑)。

手に汗握る救出劇…ではなく、社会主義が崩壊したソ連の人々や、ソ連の後ろ盾を失くして孤立する社会主義国キューバの人々に想いを馳せる映画でしょうか。
政治不信や困窮する経済など、日々刻々と変化する社会に翻弄される一般ピープル。国の威信を背負う宇宙飛行士でも教養ある大学教授でも、明日をも知れない不安定な生活です。

しかし、一般ピープルは強い。国がどうあれお腹は減るし、生きていかねばなりません。国が生存権を保証しきれないのであれば、少々法を冒しても仕方ない…良心は痛めど、密造くらいは(汗)。

胸の内には心配事や不安が渦巻いていたでしょうけど、悲愴感はほぼゼロ。陽気&気丈にふるまうセルジオやセルゲイに救われる気持ちでした。特に、明るい表情のセルジオ(ハンサムでもある)や娘ちゃんにほっこり。
ユーモアでくるんだ風刺にもニヤリ。あの清涼飲料水のCMなんて最高の皮肉でしょう。

一大スペクタクルはないけれど、手負いの宇宙ステーションにハラハラさせられたり、宇宙から青い地球を俯瞰する視点から一人の人間にグーンと寄るカメラワークなど面白い見せ方もありました。

国籍も国境も関係ないという無線愛好家に、拍手を!宇宙から見れば、ヒトの世界なんて小ちゃいもんです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ