ここから本文です

トラさん~僕が猫になったワケ~ (2019)

監督
筧昌也
  • みたいムービー 232
  • みたログ 1,847

3.17 / 評価:1745件

予告の「猫なんもできねぇ」に惹かれて

  • sakura_nathuki さん
  • 2019年3月11日 11時11分
  • 閲覧数 555
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

別の映画の予告で度々見かけており、アイドルがきぐるみを着て演じるってことは喜劇かなぁと思っていたのですが
「猫なんもできねぇ・・・」
という主人公の無力感にさいなまれる呟きと思われる台詞を聞き、おや?これもしかしてただの喜劇ではないな?とは思ってました

予測通り家族の絆があったかい人情もので、終盤はずっと泣いてました

言及はされてなかったですが、ホワイテストもきっと元人間だったんだろうなと思ってるんですがどうなんでしょうか?
飼い主を「お父さん」「お母さん」と言っていたり、トラさんが「俺昨日まで人間だったんだ」と言ったときに疑うような様子がなかったことを考えると
あのお屋敷の娘さんだったんじゃないかな?と思ってるんですがどうなんだろ?
死後猫の姿になって帰ってきたことで親孝行が出来たのかな、だったらいいな


私が一番好きなシーンは、最後の晩に人間の姿になって漫画を描いている主人公シーンです
娘さんに「夢だよ」「今漫画を描いているんだ」って優しく伝える北山さんの演技がとても優しくて温かくててとてもとても素敵なシーンで印象に残っています

猫ゆえに人間と正確なコミュニケーションは出来なくて時々伝えたいことがズレながらも、段々と見守りたい何か残してやりたいと夫として父として悩み抜いた先のシーン
父から娘へとバトンがつながっていくラスト
主人公の想いが詰まっているエンディング
どれも涙腺に刺さる心が温かくなる映画でした

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ