2018年12月28日公開

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

WESTWOOD: PUNK, ICON, ACTIVIST

842018年12月28日公開
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス
3.4

/ 71

8%
34%
48%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • npg********

    3.0

    日本でもはやったよね~

    自分が中学生のときに流行ったヴィヴィアンだけど 今でもまた来てますよね~ ヴィヴィアン好きにはよいドキュメンタリーです。

  • nao

    4.0

    1人の天才と、支える人々と。

    『パンクの女王』、ヴィヴィアン・ウエストウッドの半生を映し、 最新のインタビューとか思ったほどパンクじゃない飾らない家の中とか ショーの映像、アトリエの様子が見れたり、昔の映像も観れる貴重な映画でした。 長年全世界で愛されているブランドは、 1人の天才の反骨心と強いこだわりでできている。 しかもまだまだ現役で現場でテキパキ働いている姿に驚きでした。 (『ウエストウッド』って昔の旦那さんの苗字だったんか…。) ヴィヴィアン・ウエストウッドという女性は、 このブランドの服のデザインのような個性の強い女性でした。 まさにブランド名=人物を現しているような、服こそが彼女の人生を現しているのだと知りました。 生き方もなかなかに奇抜で、 やりたいことを仕事にしながら生きてきたかっこよさを持ち合わせているのも 彼女が愛される理由なのかなとも感じました。 この映画を見て感じたことは、 ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインは唯一無二でありながら 大量生産で利益を出すという商売の点では向いていなくて、 それを周りの人々に支えられながら大きくなってきたという点です。 彼女の才能は人々を惹き付ける。 何事にも前のめりに、いくつになっても生き生きと 活動されていてほんとにすごい人だなぁ。。 映画の中でも言われていたけれど、 もしも彼女が前線からいなくなったらどうなってしまうんだろうか。 ヴィヴィアンというブランドが少しでも好きな人は そのデザイナーがどんなパワフルな人なのか観るとまた少し見方が変わるのではないでしょうか。 素敵な生き方だと思います。 (ピストルズの話は彼女が語り飽きたとのことで出てきませんのであしからず。) ケイトモスやナオミキャンベルの出ているショーの様子が見れるのも貴重。 そしてやっぱりヴィヴィアンのドレスはどれも美しいなー!!

  • kumiko

    3.0

    しまった。

    映画は映画でも、これはストーリー性のある映画ではなかった。 ドキュメンタリー作品だった。 正直なところ、ファッションの世界には興味が無い。 漫画『海月姫』の後半で描かれている、ブランドものの問題である大量の廃棄がレポートされていたのは面白かった。

  • kur********

    3.0

    ヴィヴィアンの服が見れるのは良いけど

    ヴィヴィアンの服がたくさんでてきます。 服好きなのでその部分は楽しめました。 だけどストーリーが無い。時代も前後するし、混乱しました。 連れは寝てしまったと言っていました。

  • mai********

    3.0

    ブレてないっていうところ

    仕事がうまくいっていても、うまくいってなくても。 想像をはるかに超える様な回り方をしていても 自分が気に入るか気に入らないか? ここだけはハッキリしているように思えました。 細部に至るまでに自分の意見を通したい。 忖度を許さない。 自分勝手な解釈を許さない。 イベントで披露する予定の服のデザインに文句をつけているところなど どんなに自分のブランドが拡大しているか 自分の目の行き届かないところがあるか それがわかっていても、自分の目に留まったところでは修正したい そういう気概があるんだろうなと感じます。 波乱の多いファッション人生を振り返りつつ 結構毒舌で快活な方なんだなとわかるドキュメントだなと思いました。 2019年2月9日シネマテークたかさきで鑑賞

  • mas********

    3.0

    職人。

    思ったほど、はっちゃけた人じゃなかった。 ダイアナ・ヴリーランドやアイリス・アプフェルの方がかっとんでいる気がする。 マリア・カラスと同じで、結婚した相手に邪魔されている(というのも変だけど)感じが、ホント、男って狭いよねって。 この映画では、彼女が彼女の作り出すファッションについて、非常にプライド持っているんだけど、ブランドが彼女の存在よりも大きくなってしまって。 彼女の手から離れてしまうんじゃないかしら?って危惧。 そのうち、ブランドマークがついていれば、ヴィヴィアンってことで。 それでも人気は続く。売れるってことになりそう。 この映画で、彼女が自分の範疇で自分の服を作りたい職人気質を感じた。 どうか、彼女の概念がきちんと保たれた状態でありますように。

  • tam********

    4.0

    永遠のパンク・ロッカー ウェストウッド

    「ヴィヴィアン・ウェストウッド」強烈な個性のハイファッションブランド・・・という認識しかなかった、大いに後悔しているところだ。 むろん彼女の洋服を知らないわけではなかったが、普通の勤め人にはかなり縁のないブランドだった。 (ネクタイを持っていたことがある程度、現実にはオートクチュールコレクションを観て楽しむだけだった)。 本シネマはそんな僕に、ファッション業界の頂点に昇りつめた一人の女性の生きざまを、ブランドイメージ通り強烈に訴えかけてくれた。 主にヴィヴィアン本人と公私のパートナーであるアンドレアスのインタビューで彼女の実像に迫る。 一方で、反対尋問のようなスタッフ、スポンサー、二人の息子の辛辣なコメントも盛り込まれていて極上ノンフィクションシネマになっている。 もちろん彼女の活動家としての元気印はシネマのベースになっていて、セックスピストルズに代表されるアナーキー、地球救済のグリーン運動など僕が知らなかった沢山のガッツに触れることができる。 ファッションハウス、それもデザイナー独立型ブランドの苦しい台所状態はヴィヴィアンの年齢(78歳)を考えなくてもよくわかる。 何度もの挫折から立ち直り英国勲章を授与されるまでになりながら、いまだに自らデザインにこだわるヴィヴィアンにここは素直に感動した。 シネコンの帰りに、近くのヴィヴィアンウエストウッドマンのお店に立ち寄ってしまった。

  • axl********

    3.0

    ドキュやけど

    ドキュメンタリー映画でも飽きさせずに見せるのは作り手の技量が必要。 そこそこよかったけど、途中ダレたかな? 知りたかったピストルズとの逸話はほぼなかったです。残念。

  • ビビッド

    3.0

    ネタバレ感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Dr.Hawk

    3.0

    ネタバレ強烈な個性を活かしきれなかった印象

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    3.0

    ネタバレファッション界の“女王様”

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pcy********

    3.0

    普通程度に面白かったです

    思ったよりはぶっ飛んだパンクな人ではなかったですw

1 ページ/1 ページ中