ここから本文です

パラレルワールド・ラブストーリー (2018)

監督
森義隆
  • みたいムービー 549
  • みたログ 2,552

2.87 / 評価:2,296件

小説の世界

  • KSHue さん
  • 2019年9月23日 12時34分
  • 閲覧数 449
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

題名と序盤の展開でほぼストーリーが読めてしまう本作、映画にしてしまうと進行が退屈になってしまう。東野氏の文章テクニックがあってこそ面白のだろうな。映像化して引き込まれるかどうかは脚本と演出次第でしょうか、パラレルワールドのからくりををうまく映像表現するのはむずかしかったようです。

次々と映画化される同氏の作品。「手紙」「容疑者X」「祈りの幕」等、人間ドラマに拘った作品が成功しているように思う。収穫は吉岡里帆ぐらいだろうか。

彼女のノーブルな雰囲気が作品のテイストにマッチしていた。ラストの数シーンに関しては彼女の美貌が寄与してとても印象的だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ