ここから本文です

パラレルワールド・ラブストーリー (2018)

監督
森義隆
  • みたいムービー 536
  • みたログ 2,931

2.82 / 評価:2570件

吉岡里帆ファンは見ない方がいいですよ

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2021年5月21日 1時49分
  • 閲覧数 712
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近の東野圭吾って、脳移植で人格が入れ替わったとか、脳死状態の人間の体を電気信号で動かすとか、そういう人間を操作する科学技術が進歩し過ぎたらどうなるかっていう話を好んで取り上げてますね。
 「ラプラスの魔女」が典型だけど、そこで出てくる科学があまりに単純幼稚な18世紀的機械論すぎて見てて白けるのは私だけなのかな。

 最初に会った時のことを思い出してる時に電気信号を発してる脳の箇所に電気信号を当てたらその時の記憶が書き変わるとか。記憶の内容と脳の部位が1対1対応してるなんて、おいおいまさかカセットテープじゃあるまいし。

 なんてことが気になるのは、要するに私が東野作品が総じてそういうふうな単純なパズルピース主義で出来上がってるのが気に入らないからなんでしょうけれど。
 人間ってそんなに単純な機械仕掛けで出来てるもんじゃありませんよ、って、この人の作品見てるといつも言いたくなる。

 「ラブストーリー」というタイトルついてますけど、東野作品にちょっとでも本格的な恋愛物語を期待しちゃいけません。
 これは、偏執狂者たちが科学で人間を操ろうとしてグロいことになった、ってことを描いただけの作品です。

 描かれてる科学が現実離れして幼稚な上に、描かれてる人間がみんな狂ってて、共感できる人が1人も出てこないんでは、100分以上このストーリーを見続けるのに耐えられるのは、俳優さんのどなたかを見てるだけで快感という人以外はまあ、いないんじゃないかなと私は思います。

 私は吉岡里帆さん大好きですけど、こんなに目が落ちくぼんだ顔を長々とアップで映す映像には悪意すら感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ