ここから本文です

愛がなんだ (2018)

監督
今泉力哉
  • みたいムービー 309
  • みたログ 1,300

3.48 / 評価:985件

本当に暇で暇で仕方ない時に見て。

  • 無神経 さん
  • 2021年5月5日 22時46分
  • 閲覧数 493
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画が上映された時、絶対に見たほうが良い!共感できる!!って若者が絶賛してた作品。まあ、セフレ沼に陥ってる人には刺さるのではないでしょうか。
広告であった、「塚越すみれ、内臓荒れ荒れ
いつも便秘気味 たばこ吸いすぎ
真っ黒な肺と悪い肝臓 」って一人でブツブツ呟きながら歩いて帰るシーンだけ期待してたら、突然ラップし始めたので見る気が失せた。意味分かんなくてイライラしました。
主人公の友達が主人公に「あんな男(マモル)やめな?」って言ってるくせに、友達も男と曖昧な関係を続けてて気持ち悪かった。登場人物皆気持ち悪過ぎた。気持ち悪いしか出てこない…。塚越すみれもマモルと付き合う気が無いのにつるんでて意味が分からない。付き合う気がないならさっさと振れよ。
マモルは主人公の友達から「あんたがやってた事は最低なんだよ。」と言われて最低な事に気付くのは本当に意味分からなかった。気持ち悪い。
最後、主人公が「私は未だに田中守ではない。」ってナレーションが入って、ゾウに餌をあげるシーンで終わった。セフレ沼に陥った事が無いから刺さらなかった。この映画は自分が可愛くて仕方ないor傷付きたくない奴が余韻に浸るだけの映画です……私は苦手でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ