ここから本文です

ナチスの愛したフェルメール (2016)

EEN ECHTE VERMEER/A REAL VERMEER

監督
ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 34

3.13 / 評価:23件

芸術ってなんだろう

  • hal***** さん
  • 2020年12月29日 23時01分
  • 閲覧数 46
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分の作品をこき下ろした評論家への復讐の為、お金の為にフェルメールの贋作を描いたファン・メーヘレン。(題名こそ「ナチスの~」だが、ナチスあんまり関係ない)
贋作といってもフェルメールの絵をコピーした訳ではなく、あくまで「フェルメール風」に描いた。
音楽で言えばカバー?
フェルメールの絵として取引され、高値がつき美術館に並ぶ。

しかし、裁判が終わったとたん絵はぞんざいに扱われ、失意の中命を絶ったメーヘレン。

芸術界への落胆か、自分への後悔か…本人にしかわからないことだけど
ナチスに一杯くわせてやろう!って動機ではない上にメーヘレンもなかなかのクズなので全く同情も賛同も出来ずイライラさせられ、
動機が小さい為こんなに面白くなりそうなエピソードなのに始終地味で陰鬱で暗くて退屈してしまった。

これは無駄にハードルを上げた邦題の罪だなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ