ここから本文です

まく子 (2018)

監督
鶴岡慧子
  • みたいムービー 551
  • みたログ 906

3.89 / 評価:800件

解説

直木賞受賞作「サラバ!」などで知られる西加奈子の小説が原作のドラマ。小さな温泉街を舞台に、転入してきた美少女の秘密を知ったことで成長していく少年の姿を映す。メガホンを取るのは、『うつろいの標本箱』などの鶴岡慧子。『真夏の方程式』などの山崎光、『Blue Wind Blows』の新音、『ハート・オブ・ザ・シー』などの須藤理彩、『クソ野郎と美しき世界』などの草なぎ剛が出演する。草なぎは多感な十代の少年を子供に持つ父親にふんしている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ひなびた温泉街に暮らす小学5年生のサトシ(山崎光)は、成長に伴う体の変化に戸惑い、遊び人の父親光一(草なぎ剛)のことを不快に思っていた。そんな折、コズエ(新音)という少女が転入してくる。サトシは、奇妙な言動の彼女に驚くが、次第に心惹(ひ)かれていく。ある日コズエは、自分がほかの星からやってきたという秘密をサトシに打ち明ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ