2018年12月22日公開

家へ帰ろう

EL ULTIMO TRAJE/THE LAST SUIT

932018年12月22日公開
家へ帰ろう
4.1

/ 538

36%
42%
18%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アルゼンチンのブエノスアイレスに暮らす88歳の仕立屋、アブラハムは、70年以上会っていないポーランドの親友に、最後に仕立てたスーツを渡そうと思い立つ。その親友は、ユダヤ人のアブラハムがホロコーストから逃れた際に助けてくれた命の恩人だった。アブラハムは、マドリード、パリを経由して目的地に向かうが、道中さまざまな困難が襲う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(91件)

切ない20.9%泣ける18.9%悲しい10.6%笑える8.3%コミカル8.3%

  • tat********

    3.0

    辺鄙な老人だが、強い信念と怒りを感じる

    WW IIでホロコーストに収容されていたユダヤ人が、晩年、当時助けてくれた友人に自分が最後に作ったスーツを届けに行く。 家で、厄介者にされ、老人ホームに入れられることを拒み、旅に出ることに。途中、飛行機で出会う青年、宿の老女、駅の女性、病院の看護婦に助けられ目的地に到達する。友人は今もそこにいるのか・・・ 戦争を経験した人は、今も終わっていないのだ。 ーー 2022/06/25 7

  • tsu********

    4.0

    偶然の出会いと人の善意がしみます

    アマゾンプライムで無料鑑賞。 シワもシミも、主人公の生きてきた道を語ります。 出演陣の演技もナチュラルで、主人公に寄り添うように、助けます。 ナチが逃げたのがアルゼンチンが多かった、という皮肉、必見の★★★★

  • zoz********

    3.0

    感動した

    キャストの演技力が素晴らしい! 特に主人公! 演技力がありすぎて見いってしまう。 ラストは感動です。 だけど何だろう、私的には星5ではなかった。

  • yok********

    4.0

    ユダヤの人に青色が大切だと分かった

    映像でとても青が強調されていて、綺麗でした。 ラストで「青のスーツか?」の言葉も出できて、 その青が気になって調べてみると、ユダヤの人にとって重要を知ることかできました。今更ながら勉強不足でした。 親子の部分や頑固じぃさんのところはコメディダッチで観やすいです。 それでいてグッと思わせるシーンも巧です。 久々に良い涙をしました。

  • chi********

    4.0

    「へ」

    とてもいい映画です。但し見る側の年齢を選ぶでしょう。 若者は観なくていいと思いますし、みても同じ感想は得れないと思います。 邦題として、「家に帰ろう」じゃなくて「家へ帰ろう」としたのは、やはり戻る先としての家ではなく、主人公にとって、行かなければいけないところ、だったからなのでしょう。 長く生きていれば、心の中に残る気がかりがあるものですが、人生の終末期にそれに正面から向かい合うことの大切さを訴えています。 いい映画です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
家へ帰ろう

原題
EL ULTIMO TRAJE/THE LAST SUIT

上映時間

製作国
スペイン/アルゼンチン

製作年度

公開日

ジャンル