ここから本文です

あした世界が終わるとしても (2019)

監督
櫻木優平
  • みたいムービー 65
  • みたログ 308

3.18 / 評価:265件

まさに世界が終わるレベルの酷さ

  • nah******** さん
  • 2019年3月23日 18時12分
  • 閲覧数 451
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

前半のクサいセリフとラブシーンに早くも辟易していると、唐突に入るアムロの無理がある世界観説明のナレーション。
この時点で本作をコメディとして観ることに決めました。

もう1つの日本の状況やジンとコトコそれぞれの思惑が判明し、さあ結託して任務遂行だとなったところで、
ヒロインの緊張感がまるでない呑気な提案のせいで、彼女は自業自得としか言えない死を遂げます。
ヒロインが死んでしまったことは少し意外に思いましたが、父親がその死体を完全保存していたところで、ヒロインがご都合主義的に蘇ってハッピーエンドになる結末が透けて見えてしまいました。

個人的に、この映画最大の爆笑シーンは、公女となったリコが自国の人口密集地に核爆弾のようなものを落とすシーンです。
作中でも言ってましたが、あまりの「暴挙」に、人類滅亡シリーズの動画を思い出してしまい、頭の中ではドリフのBGMが流れていました。私もリコと一緒に高笑いしたかったですが、他のお客さんの迷惑になるのでやめました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ