2018年12月2日公開

ゴッズ・オウン・カントリー

GOD'S OWN COUNTRY

R15+1042018年12月2日公開
ゴッズ・オウン・カントリー
4.1

/ 121

38%
36%
21%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

祖母(ジェマ・ジョーンズ)と父親(イアン・ハート)に代わりヨークシャーの牧場を管理しているジョニー(ジョシュ・オコナー)は、酒とセックスで孤独と仕事の不満を紛らわしていた。羊の出産シーズンになり、季節労働者のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)がやってくる。当初彼らは反発し合っていたが、羊に優しく接するゲオルゲにジョニーは初めての感情を抱く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(22件)

ロマンチック29.3%切ない29.3%泣ける14.6%セクシー9.8%悲しい2.4%

  • a10********

    4.0

    良い映画でした

    牧場経営の厳しさと 自然の美しさ 心に沁みる映画でした

  • lud********

    3.0

    寂しくて、閉塞感あり

    全編に漂う暗い雰囲気。 閉塞感満載で、切ないほど寂しい。 そこで見つけた愛が…。 ん~雰囲気は嫌いではないけど理解できないストーリーだった。 何を訴えたいのかも分からなかった。 祖母や父親の台詞が少なくて、何を考えているのかも描かれてない。 最後まで観れたが印象的なことは無かった。

  • ohg********

    5.0

    ネタバレ愛し合う事

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tsu********

    3.0

    役者の演技とカントリー風景を楽しむ

    アマゾンプライム 100円セール。 主人公が途中から、ジェームス・ディーンに見えたよ。 さすがホモセクシュアルは、英国の伝統ゲイです。 貴族とかエリートの嗜みかと思ってたら、ブルーカラーも嗜むとは、新鮮でした。 監督の繊細で優しい視線を感じる、見て損はない★★★

  • 映画は2時間

    4.0

    とても丁寧なラブストーリー

    とても丁寧に語られているラブストーリー。 田舎で家業を継がなければならない閉塞感。愛はあるけど色々とぎこちない状態の家族との問題。 誰にでも理解できる問題が描かれているので共感しやすいです。 それが美しくも厳しい自然を背景に描かれているので、とても詩的。 その厳しく状況の中に心惹かれる人が現れるという、王道のラブストーリーです。 同性愛描写に偏見や拒否感のない人にはぜひオススメします。 この作品はわりと珍しく「同性愛」が二人の障害になっていないところが大変良いと思っています。 本当にあまりないんですよね。 なので、個人的には牧場仕事をする「ブエノスアイレス」と認識しています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ゴッズ・オウン・カントリー

原題
GOD'S OWN COUNTRY

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル