レビュー一覧に戻る
ゴッズ・オウン・カントリー
2018年12月2日公開

ゴッズ・オウン・カントリー

GOD'S OWN COUNTRY

R15+1042018年12月2日公開

mai********

4.0

恵み豊かな国で…

定めに半ば反発しつつも牧場仕事を辞められない。 父親の威厳に反発できないことを酒で紛らわせ 一夜のメイク・ラブでごまかしているだけの日々。 そのくせ、自分の領域に入り込んでくる他者を排除したい気持ちがあるという どうしようもない主人公が臨時にやとわれた男性との心の通い合いから 自分の心と向き合って、少し成長するイイ話。 きっと子供のころからオヤジに頭が上がらなくて 病気やケガ、老齢で衰えてくるオヤジの姿に戸惑いを感じていたのかもしれない。 もっと早くからちゃんと向き合って、思いをぶつけていたら違っていたのかもしれないし、元気な時のオヤジでは相手にされなかったかもしれない。 自然の恵みの恩恵を受けて生きるのが人。 自然に感謝しつつも 時代の流れの中でできうる改善はしていく必要があるだろうし 同時に新たな挑戦をもしていくべきでしょう。 男性がもたらしてくれたのは愛情と羊のミルクやチーズの可能性。 このままじゃダメだという思いが彼の心を成長させていく。 恵み豊かな場所で、もう少しだけ豊かに生活できるように… 父親が衰え年老いていく中で 家族みんなで働いて恵みを受け取るスタイルのままでは廃れていくだけかもしれないけれど、この恵みは人の生活にはなくてはならないもの。 彼ら2人がささやかでも幸せに暮らせることが、僕らの幸せにもつながっているという事を感じることができると、より素敵な作品なんだなと思えるかもしれませんね。 2019年3月2日シネマテークたかさきで鑑賞

閲覧数1,214