ここから本文です

キングダム (2019)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 1,840
  • みたログ 1.2万

3.93 / 評価:10,249件

奴隷として育った少年のサクセスストーリー

  • miy***** さん
  • 2019年9月17日 17時17分
  • 閲覧数 340
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

吉沢亮君の大ファンだったので6回は見ました。
本人がとても手応えを感じた作品であったこと、試写での前評判が著しく良かった事もあり胸踊らせて映画館に行きました。
初日大スクリーンがほぼ満席でファンとしても嬉しかったのを覚えています。

激しいアクションエンターテイメントと同時に奴隷少年が夢を背に大将軍への階段をかけ昇る、サクセスストーリーでもあります。
壮大な風景と音楽の使い方、キャストの演技力が今年公開の映画でもトップクラスではないでしょうか。
こう言ってはアレですが、あのBLEACHを撮った佐藤信介監督が撮った映画とは思えなかったですね(苦笑)。

山﨑賢人君の演技はやや粗削りな部分はありましたがあれが信という人物にピッタリ嵌まっていたなと思います。過酷な体重制限など彼のこの役への取り組み、ストイックさを知ることができました。
特に良かったのはまず本郷奏多君です。あの嫌らしい表情とセリフ回しは悪役として一級品でした。吉沢君より年上ながら生意気で腹立たしい弟オーラを放っていました。
そして大沢たかおさんはやっぱりスタートからのオーラはさすがだった。昌文君の首を持ってきたシーンのセリフ回しは微妙に笑えましたね。

そして吉沢亮さん。今までの彼の作品の中でようやく、と心から面白い!誇りに思った役柄でした。大沢さん演じる王騎との対峙シーンは10代の頃から注目してきて、それでもまだ若干25歳の彼がようやくここまで来たんだなと感動しました。応援してきて本当に良かった。きっとこの映画での芝居が再来年の大河ドラマに活かされることでしょう。

最後にこの映画を企画プロデュースし、吉沢君をずっと高く評価しこの映画でのチャンスを与えて下さった松橋プロデューサーにファンとして心から敬意を表します。

強いて言えば少しだけ残念だったのは物語の切り替わり方です。アニメのような右からページを捲るように切り替わる演出、あれはキングダムの世界観とは微妙に合ってなかった気がしました。

続編は必ずや上映すると思うので、改善に期待大です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ