レビュー一覧に戻る
キングダム
2019年4月19日公開

キングダム

1342019年4月19日公開

ジンベエ

4.0

最難関だった王騎を攻略した大沢たかお

原作キングダム序盤の主役は王騎と言っても過言ではない。 王騎は独特なキャラクターだから、安易なモノマネじゃチープに映る所だが、 王騎将軍の醸し出す威厳と不気味さを演技で表現した大沢たかおはさすがだった。 この映画はキャスティングの妙が光った作品であり、それだけでも一見の価値ありだと感じる。 他にも漂&エイ政の吉沢亮も良かった、信と漂のエピソードにも泣かされたし、演じ分けも完璧だった。 楊端和こと長澤まさみも見惚れるほど綺麗だった。 キングダムの魅力的なキャラクターを愛してる原作ファンの期待は大きくは裏切らない作品だったと思う。 主役の山崎賢人は無難だったと思うが、やたら五月蠅さが先攻してて、戦闘シーンの演出も微妙だったため、 悪くはないが、期待値を超える物ではなかった。信の内の強さみたいのが見れなかったのは残念。 それから悪い点としては、他の方も批評されてる通り、戦闘シーンが面白くない。 どのシーンも単調で、見せ方が悪い。 だからキャラクターの強さがスクリーンを通しても伝わってこない。 動きが早いだけで地味すぎるから、改善の余地はあり。 続編は見たいと思った。 この作品はキャスティングが全て。次回作があるのなら、楽しみ。

閲覧数1,617