ここから本文です

キングダム (2019)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 1,842
  • みたログ 1.2万

3.93 / 評価:10,238件

大沢たかおが秀逸

  • gunmann7753 さん
  • 2019年4月25日 12時00分
  • 閲覧数 1496
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分は原作を知りません。だから映画を見ただけのレビューを書きます。
映画は楽しかったです。せっかく千人の山の民を連れていったのだから、十人だけじゃなく、戦の終盤には宮殿になだれ込んで来てほしかったですね。その方がもっと迫力がでたはず。
スケールの大きな映像で、実物の宮殿があるのかCGかを教えて欲しいくらい。あの何万人という軍勢はさすがにCGだとは思いますよ。
イケメン大根三銃士の一人といわれる主役でどうなることやらとおもっていましたが、シンの役は心理描写がなく単純で、がむしゃらに戦う童なので、問題なくみれました。秀逸は大沢たかお。普段より高い声で、しかも「○○です。」というせりふの語尾「です」をわざと力強く言うことで、強く、畏敬、威容を感じさせる迫力は(何度も書きますが)秀逸。お前たちは私には叶わない、と威圧する存在感。それでいて何か「裏」がある怖さ・・・。側近要潤も威容でした。
ヒョウが自分を囮として敵軍をひきつけて走る様は、泣けました。漢の死に様はまさに生き様、と見せ付けてくれます。
長澤まさみは綺麗でしたね。美しく、気高く、強い。刃を振るうと、周りの敵が斬られて1M吹っ飛ぶのは漫画だね。切れら役が、長澤まさみが斬ってくれるまで刀を振りあげたまま待っているのはXかな。こりゃぁスタントマンが数人呼吸を合わせなきゃならないんだろうから、難しいんだろう。でも格好よかった。
 さて、頂けないのは橋本環奈。原作にもあの設定はあるの?特に映画では要らなかったかな。彼らは戦(いくさ)の真っ只中で殺す殺されるの極限のなか、出番が回らず台詞もないと、ただの棒立ち。緊迫感も切迫感もなく、存在すら邪魔でしたね。名前だけで配役をもらえたのかな。これならまだ、朝ドラにでるような子役(こなつとか)の方がもっと巧かったんじゃないかとおもいますね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ