2019年1月18日公開

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

R15+1052019年1月18日公開
LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て
3.8

/ 152

36%
27%
24%
8%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

警察官の間宮は勤務時間中に歌舞伎町のラブホテルにビデオカメラをセットし、デリヘル嬢の麗華と情事を楽しんでいた。ちょうどそこに間宮の妻で女性警官の詩織が入ってきて、パニックに陥った間宮が麗華を銃で撃ってしまう。死体を何とかするために麻薬の売人のウォンが呼ばれた同じころ、デリヘルのマネージャーの小泉も麗華を捜しにやって来る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(22件)

コミカル14.5%セクシー12.9%パニック11.3%知的9.7%楽しい8.1%

  • enx********

    1.0

    邦画の悪い部分を詰め込んだ作品

    オーバーリアクションが日常的な欧米人に比べ、割と大人しい日本人の日常を描いたら画にならないから映画作品内では無理してオーバーリアクション… みたいな非現実・非日常感のせいで冷めてしまうのが邦画の悪さの1つだと思うが、この作品も溢れんばかりの「今、無理して一生懸命仕事(演技)頑張ってます」感がどうしても作品への没入感を阻害し、見ていて痛々しい。 その上ワンカメ・ノーカットで展開を追う手法は挑戦的ではあるものの、挑戦的なだけで普通に魅力が薄い。 プロの編集が入らないと否応なくどうしてもダレる。ただ挑戦したかった監督の自己満足だろう?と。 sexシーンもラブホテルが舞台だから仕方なく入れました、程度の取ってつけたようなお粗末なもので残念。 純粋に良い作品を作ろうとする意気込みより、挑戦したかったから〜や、不自然でも盛り上げなきゃ〜や、ここでこうするのがフツーだから〜みたいな、作品を作る上で余計な屁理屈や不純物が目につきやすいのが邦画の悪さだと個人的には考える。 体当たり演技を特に売りにしているでもなく、推敲もされないただの垂れ流し映像の連続なのだから最初から最後までじっくり見る必要も価値もなし。

  • fg9********

    3.0

    結末の無常観には呆然とさせられた

    …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『警察官の間宮(三上博史)は勤務時間中に歌舞伎町のラブホテルにビデオカメラをセットし、デリヘル嬢の麗華と情事を楽しんでいた。  ちょうどそこに間宮の妻で女性警官の詩織(酒井若菜)が入ってきて、パニックに陥った間宮が麗華を銃で撃ってしまう。  死体を何とかするために麻薬の売人のウォンが呼ばれた同じころ、デリヘルのマネージャーの小泉も麗華を捜しにやって来る。』  ワンシチュエーション、ワンカメラという演劇的な演出手法の作品だが、映画としては流石に地味目かな?と思いながら観続けると、なかなかアナーキーな二転三転する展開に引き込まれた。  ネタバレ厳禁作品なので詳しくは触れられないのが残念だが、実は、誰と誰とが○○だったというラストは見破れず、更なる因果応報的な結末の無常観には呆然とさせられた。  ただ、デリヘル嬢がキャンキャンと五月蝿く、他のメンバーも芝居がかった舞台風の演技にはノイズ感を覚えたものの、ストーリー的には割と惹かれたので、一見の価値は十分にありの3.4点といったところかな。  酒井若菜は、折角オッパイを揉みしだかれたのに、脱がなかったのは女優魂の欠如だな……嘘です……頑張っておりゃんした。  (メモ 総レビュー数:3920件、2021年度26作品目)

  • tri********

    4.0

    目が離せない

    ちょっと目を離した隙に展開がどんどん変わっていく作品。 そこまでどんでん返しするか!? という位、、、。 脚本かなり練ったんだろうなと…。 しかも、ほぼラブホテル内しか舞台が出てこないとこが凄い。 ぶっ飛んだ内容と、面白いアプローチの仕方で記憶に残った。 相変わらず三上博史かっこいい(笑)

  • cha********

    3.0

    ネタバレどんでん返し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MOON

    3.0

    長く感じた

    途中で断念しないでよかったけど、最後まで観ても微妙。 特に面白いというわけででもない。 好みに寄るのかな〜

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日