2019年3月1日公開

映画ドラえもん のび太の月面探査記

1112019年3月1日公開
映画ドラえもん のび太の月面探査記
3.8

/ 1,296

37%
28%
20%
6%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

月面探査機によって捉えられた白い影のニュースを聞いたのび太は、それを“月のウサギ”だと訴え笑い者になってしまう。そこでドラえもんのひみつ道具“異説クラブメンバーズバッジ”の力を借りて、月の裏側にウサギ王国の建国を計画する。ある日転校してきた謎めいた少年ルカは、のび太たちと共にウサギ王国に行く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(177件)

楽しい13.9%ファンタジー12.9%泣ける11.5%笑える9.9%勇敢9.4%

  • suz********

    4.0

    餅とコンニャクの危険コンボ

    のび太達が餅を食べてる時にドラえもんが「ほんやくコンニャクを食べておこう」と投げ上げて皆が食べるシーン。我が国で命を落とす危険な食べ物1位と2位を同時に食べて大丈夫か!?と思った。

  • nin********

    3.0

    ネタバレキャラは可愛いね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 秋夜

    1.0

    ネタバレかなりキビしめ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    5.0

    脚本の力

    ヤフーレビューで最近のドラえもんは脚本が弱いとのご意見があり、それ故に見ようとも思わなかったのだが、この作品は作家の方が脚本を担当したとのことで見てみた。 結果、作家の話をドラえもんのキャストでやったような作り込まれた矛盾のない話になっていた。伏線の回収率がとにかくカンペキだった。 のび太の恐竜2006を見た時、作画崩壊&キャラ崩壊で30分しか見れずにボクノートまでたどり着けなかった。今回は平井大さんの歌まで聴けた。ドラえもんの知性もやや戻った印象であった。それから昔に散見されたしずかちゃんのパンチラがカンペキに封印されていたのでPTAから何かあったのかな…? よくドラえもんは正座をする時に脚が伸びるという矛盾が指摘されるが、(ドラえもん映画は矛盾ありきなのがいいんだけど、)今回は必要に応じてしずかちゃんのスカート丈が伸び縮みしていた。(もうスラックスで良くない?) 最後に、ルカの声優の方が抜群に演技力が高かった。

  • 猫太郎

    3.0

    及第点だけれど満点では無い

    月面探査記というタイトルに反して、実際に月面を探査するシーンはほぼ皆無という、軽くタイトル詐欺をやらかしてる映画(笑)。 内容的にはいつもどおりのゲスト登場人物たちとの友情物語。 なんか、のび太たちはどこに行ってもこういう交流してる気がするね。 ストーリー的にはほとんど「王道展開」ばかりなので、これはもうドラえもん映画のテンプレートとしてよく出来ているとは思う。 ゲストヒロインが異常にかわいいのも毎度の事です(ただ…プロの声優に任せた方が良かったんじゃないかとは思うけど)。 ちょっと思ったのが「エーテル」って単語、子供には理解しづらかったんじゃないかなあ。 普通に「エスパー能力を持った子供たち」って設定でも、一応話は通じた気はする。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


水田わさびドラえもん
木村昂ジャイアン
関智一スネ夫
中岡創一キャンサー
高橋茂雄クラブ
柳楽優弥ゴダート
吉田鋼太郎ディアボロ

基本情報


タイトル
映画ドラえもん のび太の月面探査記

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日