ここから本文です

映画ドラえもん のび太の月面探査記 (2019)

監督
八鍬新之介
  • みたいムービー 414
  • みたログ 1,641

3.80 / 評価:1288件

ドラえもんこそが異説の象徴

  • こうまき さん
  • 2019年3月12日 0時04分
  • 役立ち度 36
    • 総合評価
    • ★★★★★

月は人間にとって一番近い宇宙であり、そこに向けての関心はいろんな人達の想像力を掻き立て、神秘のものへの憧れを抱かせる
古くは竹取物語などがいい例だ
見えているのに手は届かず、謎に包まれたものへの想像だけが膨らんでいく
地球の果ては滝になっていると信じられていた時代
見えなくて確認できないことは想像することしか出来なくても、それが定説だと判断されていた
今どきの子供は、月にうさぎがいないことぐらい、普通に知っている
宇宙についてもっと詳しく知っている子もたくさんいるだろう
だけど、のび太のようにうさぎはいると信じた時、
そこから広がっていく想像は無限大だ
大きくなるにつれ、現実を突きつけられ、本当のことを知り、
想像することをむなしく思う時が来るだろう
それは間違いなく成長している証なのだが、そうなる前に、そこまで成長する前に、無限に想像すること、夢みることを楽しんでほしい
ドラえもんこそが想像の産物であり、異説そのものなのだけど
ここまで長くたくさんの人に支持されることで定説になっている
大人の目から見ると強引だったり矛盾することだったりが、
子供の目には憧れに映り、ドラえもんってすげーっ!となる
それでいいんだよ、たくさん夢見よう!
この映画を見ながらそんなことを思っていた


相変わらず熱い友情で繋がった友達同士で、勇気を持って立ち向かっていく
面白い映画でした

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ