ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

映画ドラえもん のび太の月面探査記 (2019)

監督
八鍬新之介
  • みたいムービー 410
  • みたログ 1,558

3.82 / 評価:1,225件

美しくまとまった冒険活劇

  • かげりん さん
  • 2019年3月24日 22時59分
  • 閲覧数 1645
  • 役立ち度 34
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画鑑賞価値:1850円

〈感想文〉
大山のぶ代さんのドラえもんで育った世代でして、水田わさびさんになってから映画を観ることをしていませんでした。
別に「違和感がある」とかではなく、純粋に声優交代をきっかけに離れていただけです。

で、昨年の映画「宝島」を偶然、テレビで見て驚愕しました。
BGM、演出、ストーリー構成が抜群に素晴らしく、こんな熱いアニメになっていたのかと感動。
これは次回作は是非劇場で観てみたい!と思い、映画館へ足を運びました。


素晴らしかったです。
もちろん、子ども向けアニメですから多少のご都合主義や、唐突な展開はありましたが、全体的にはむしろ大人向けな印象です。
以下、分野別に感想を書いておきます。


[ストーリー:伏線回収もする綺麗な流れ]
オチは定番だなという感じですが、何より物語の前半で語られる設定に何一つ無駄がないことに驚きです。
全て後半に有効的に使われ、全ての要素に意味があることが分かります。
また、キャラクターそれぞれの魅力を存分に引き出す立ち位置や台詞が、過去ののぶ代ドラえもんを彷彿とさせ、温かみを感じました。
「想像力」という、現代人にとって忘れてはならない力についてしっかり言及しているのもメッセージ性があり、良かったです。
ちなみに、かなりの設定を短時間で視聴者に伝えられるよう工夫されているのも感心しました。


[演出:まるでロボットアニメのような胸が熱くなる構図]
本作、随所にガンダムやエヴァで見られるクールなカメラワーク、構図が見られます。
かなりかっこよくて、見ていてニヤニヤしますし、引き込まれていきます。
ここらへんも、子ども向けに納まらない理由ですね。


[BGM:あれ?少々期待はずれ]
本作の音楽担当は服部隆之さんということで、壮大な曲で場面を盛り上げてくれるだろうと期待していたのですが…残念。
クライマックスの音楽が、どうも軽い。明るい。いや、それで良いのかもしれませんが。


[声優:水田わさびさんに拍手]
泣きました。クライマックスの水田わさびさんに泣かされました。
あこまで魂を込めて叫べるのは水田わさびさんの「友達的ドラえもん」だからこそできることかも。のぶ代さんの「お兄さん的ドラえもん」にはなかった主観的な魂の叫びに、こちらの心まで震えました。
ゲスト声優は相変わらずゲスト声優ですが、吉田鋼太郎さんだけは段違いの上手さで驚きました。良い声です。


というわけで、子ども向けアニメ、あなどれません。
むしろ実写映画よりもよく練られている印象です。

何より、いつもの5人に会えたことが
嬉しかったなあ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ