2019年3月15日公開

君は月夜に光り輝く

1012019年3月15日公開
君は月夜に光り輝く
3.5

/ 1,150

22%
31%
28%
8%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

高校生の渡良瀬まみず(永野芽郁)は、死が近づくほど肌が強く光る“発光病”を患っていた。発光病の患者が成人まで生存した例はなく、彼女は病院から出られない。まみずの同級生の岡田卓也(北村匠海)は彼女の願いを実行し、感想を伝えることにする。その“代行体験”を通じてまみずは人生を楽しむようになり、卓也は彼女のことが好きになっていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(184件)

泣ける18.8%切ない18.8%ロマンチック13.8%かわいい13.2%悲しい11.4%

  • ugd********

    3.0

    ありきたり

    ありきたりなストーリーではあったけど感動した。

  • kkk********

    3.0

    良くある難病もの

    匠海の無表情演技が、作品をより作りものにしている感じ。芽郁ちゃんは可愛く頑張っているのに残念。 作品的には、ありきたりの難病もので感動も、意外性も少ない。

  • xdz********

    3.0

    思ったより良い作品でした。

    北村匠海と永野芽郁という2人が出演と言うことで視聴。 ラブストーリーが中心で純愛だなーって感じ。発光病って実在するかと思ったらないんかい!って思ったけど、そこは演出云々でしょうがないか。 永野芽郁の役はいろいろと複雑だったよね。ただ「死」を待つ人生は嫌だと思いつつもストレスを感じると死期を早めてしまう。だけど、やりたいことが沢山ある。 どうすれば良かったんだろうか?と考えてしまった。 主演の2人が良かった作品でした。

  • yab********

    3.0

    君の膵臓を食べたい と比べて

    これはこれで良い作品だけど、他のレビューでも書かれている通り、北村匠、余命わずかな少女 と”君の膵臓を食べたい”とかぶり がある為、比較してしまうのは仕方がない所。そういった意味では”君の膵臓を食べたい”のラストシーンは泣けた。 ただ こちらの方が”親の気持ち””彼の気持ち”が表現されていると思う。 自分も娘が居る。娘を持つ親の気持ち、高校時代、自分が北村匠なら と色々考えさせられる作品だった

  • mono

    5.0

    2人とも素敵すぎる

    北村くんのこの力の入らない男子しかし芯が強い優しい男子の演技が素晴らしい。永野さんになりきって見てしまった。感動。 控えめに言って最高でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
君は月夜に光り輝く

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル