ここから本文です

君は月夜に光り輝く (2019)

監督
月川翔
  • みたいムービー 323
  • みたログ 1,361

3.48 / 評価:1104件

生きていくということ

  • jts******** さん
  • 2019年4月8日 18時19分
  • 閲覧数 2035
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 原作は未読です。この手の邦画はあまり観ないのですが、永野芽郁さんのファンなのと「君の膵臓をたべたい」が、それほど悪く無かったので劇場で鑑賞しました。
 私個人の感想としてはとても良い作品だと思ったので、皆さんのレビューを拝見すると低評価が多いことにびっくりしました。
 確かに架空の病で死に直面する少女と同級生のラブストーリーなのでリアリティは薄いのですが、登場人物の内面が台詞や映像の合間からにじみ出てくるような感覚で観ることができたので、これは監督の演出力か役者さんの演技力が素晴らしいのではと思います。
 本作は決してお涙ちょうだい的な駄作ではないと思いますし、「人が生きていく」ということをまみずと卓也の二人が体現し、未来へ向かう様を描いた作品でしょう。
 人の死というものはある意味ファンタジーでしょう。リアリティを感じるのは遺体と相対する時間だけであり、葬儀や事務手続などが慌ただしく過ぎれば故人の存在は夢のように日々少しづつ消えていく。不謹慎な表現かもしれませんが、それが現実です。しかしこの作品は決してそれだけではない事を観客に教えてくれます。若い方々にはその部分を感じて欲しいと強く思います。ぜひ劇場でご覧ください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ